無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

『ラッキー・フライデー』

 
 

Kc430296

 

・・・という訳で『ラッキー・フライデー』。

 

封切りは写真の2本。

 

左はの『Lochsida Sherry Cask 46% 1981−2004』。

右は銘酒『Ballantine's 17years old 750-43』。
 
 
 
フードは『ビーフシチュー』『チーズフォンデュ』『燻製』その他諸々・・・。
 
ブルゴーニュのピノノワール(赤ワイン)もあるよ!
 
 
 
んな訳で、ハッピーな金曜日の夜を!!!
 

『Let it be - The Beatles』  
 
 
映画『Let it be』より。
 
「Billy Preston」のハモンドオルガンが効いてる、このバージョンがオリジナルよりも好きだ。
 
「ジョージ」のローズウッドのテレキャスターのソロが上手いのか何なのかよくわからんのも良い。
 
 
 
 


 


2014年11月27日 (木)

『絶好の冷燻日和』

 
 

Kc430294

 

Kc430293

 

スカッと晴れて、気温もちょっと寒いけどイイ感じ。

絶好の燻製日和である。

 

さんま、えび、サーモン、ピーナッツを燻している。

 

「ビーフシチュー」も思ったよりも早く仕上がりそうだ。

 

いい日になればいいな!

 
 
 

『いい日旅立ち - 山口百恵』

 
 
 
 

2014年11月26日 (水)

『ビーフシチューの仕込み』

 
 

Kc430290

 

寒いですな。

 

歳を取ってきたせいか、妙に暖かいものが食べたくなる今日この頃である。

 
 

「『チーズ・フォンデュ』、食べたいなぁ〜・・・。」と思って、「ウオッシュ・チーズ」切って、ココット皿に入れて、ササッと調味料入れたら、出来てもうた・・・。

厚切りバケット2枚分くらいを食べるのに丁度良い量の『チーズ・フォンデュ』、好評である。


 

昨年までとの作り方を思いっきり変更して作った、先日の「ビーフシチュー」がとても好評だったので、今日から仕込み開始。

金曜日から、お出しする予定。
 
試験的に「ブルゴーニュのピノ・ノワール」(赤ワイン)も提供予定。
 

 
 

でっかい「さんま」が安く売っていた。

明日、晴れたら燻す予定。

 
 

食べ物ばかりであるが、今度の『ラッキーフライデー』には、久しぶりにモルト二本封切り予定。

何、切ろうかな?


 

昨日、今年リリースされた『響30年』封切り・・・・。

やっぱり、すんげ〜、美味かった。

サントリーの底力、凄いな!

 
 
 
 

『Key to the highway - Keith Richards』

 
 

10:55くらいから始まる、「キース」と「クラプトン」の『Key to the highway』。

ゆる〜い感じがとても良い。

一杯呑みたくなるな。

 
 
 
 

2014年11月22日 (土)

『追伸 義援金ジン』

 
 

Kc430289_2

 

諸事情に依り、もう一本義援金ジン追加。

 

ジュニパーベリー系というよりは、シトラス・お花畑系ジン。

70年代後半の瓶詰めだと思う。

ニューヨークの会社がロンドン・ジンの会社にオーダーして作らせたもの。(どこだ?)

アメリカ人もシトラス系なら、好きなのかな? 

オールドのジンがお好きな方は是非お試しを!!!

 

義援金にいたします。

是非、ご協力を!!!

 
 

『The Weight - The Band』  

 
 

たまに無性に聞きたくなる名曲である。

 

コーラスはお父さんと三人姉妹の『Staple Singers』。
 
『The Band』単独のものより、こちらのバージョンの方が好きだ。
 

 
 

 
 
 
 
 

2014年11月21日 (金)

『ラッキー・フライデー』


Kc430283

 
・・・ということで、すっきり晴れた『ラッキー・フライデー』。

 

今日の封切りは、『シーバス』と『ドランブイ』の両方とも特級。

 

『シーバス』は、ストラスアイラの香りがぷ〜んと感じられる銘酒。

どういう飲み方でも出来るオールラウンダー。

私はロック・ちょい水が好き。

ハイボールはモルトの香りが引き出されて旨い!

 

『ドランブイ』は、かなりイカしておる。

『ラスティー・ネイル』はもちろん、ストレートかロックでシガーのお供にもバッチリ。

現行品には無い、柔らかい甘味とねっとりした舌触り、奥深い香りといつまでも続く後味。

これはシビレるリキュールである。

 
 

『まかない料理』は、昨日書いた『オニオン・グラタン・スープ』『ロースト・ポーク』、それに、いつものピザ、パスタ、ピンチョス等々。

 

がっつり気合いで飲んで食べて、楽しい連休を迎えようっ!!!

 
 
 

 

『Hideaway - Stevie Ray Vaughan』

 
 
 
 

2014年11月20日 (木)

『オニグラとローポー』

 

Kc430286

Kc430287


二十代の若い男性がご来店された。

「ブログ見てきました。

 『男のハイボール』と『オニオン・グラタン・スープ』と『ローストビーフ』食べてみたいです。」とのこと。

「『イタリア産の豚肉のローストポーク』もできるよ!」

「それでは、『ローストポーク』を・・・。」

 

『ローストポーク』にはエリンギと茄子とじゃがいももローストして添えた。

トマトソースとチーズで仕上げたソース。

 

若いことは素晴らしい。

あっという間に、平らげてしまった。

「すっげぇ、美味しかったです。

 『オニオン・グラタン・スープ』で身体が暖まりました。

 ハイボールも美味しいです。」

「ウイスキー好きなの?」

「居酒屋さんで角ハイ呑んでから、ウイスキー好きになりました。

 初めてBarに来ましたが、勇気出して来てよかったです!」

 

長い階段を登って、鉄の扉を開けることは、二十代の若もんには、随分勇気が必要だったと思う。

 

「またお伺いします!」と云って、元気で礼儀正しい若もんはお帰りになられた。

 

ちょっと嬉しい夕方であった。

 
 
 

『Bring it on home - Led Zeppelin』


 

オリジナルはシカゴブルースの偉大なハーピスト『Sonny Boy Williamson』。

 

『ミック・ジャガー』のハープもかっこいいけど、『ロバート・プラント』のも格好いい。

ドラムの『ジョン・ボーナム』が凄い。

どうしてこんなに太い音で叩けるのであろうか?

  
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月19日 (水)

『グレープフルーツの時が来た!』

 
 

Kc430285

 

ようやっと、グレープフルーツが市場に出て来た。

 

『Old Style Salty Dog』、『Sol Cubano』『Woody Fizz』(グレープフルーツ+シャンパン)・・・。

 

ゴクゴク呑んで、ハッピーになろう。

 
 

『Salty Dog』は、「犬の塩漬け」のことでわ無い。

「塩っ辛い野郎」・・・・ということで海で働く男のことらしい。

ただ、いろんな意味のスラングがあるようだ。

 
 

『Salty Dog Blues - Mississippi John Hurt』

 

ラグライム・ギターの名手『ミシシッピー・ジョン・ハート』。

ギターは二人で弾いているように聞こえるが、一人での弾き語り。

ギターを弾く、たくさんのミュージシャンに影響を与えている。

ファークシンガーの『高田 渡』さんのギターと唄も『ミシシッピー・ジョン』からかなり強い影響を受けている。

 

ここで云う「I wanna be your Salty Dog」というのは、どう考えても、エッチな意味の様だ。

 
 
 
 
 

2014年11月18日 (火)

『オレンジ・ママ』

 
 

Kc430284

 

鼻筋の通った綺麗なベイビィ。

  

「『バックス・フィズ』ください・・・。」

『ミモザ』(シャンパン+オレンジ)の大盛りである。

通常『ミモザ』は、100〜120ccぐらいだが、当方では180ccくらいはある。

 

一生懸命作ってお出しした。

「美味しいっ!」と云って下さった。

 

しばらくして・・・・。

 

「同じのください!」

また一生懸命作ってお出しした。

「美味しいっ!」と云って下さった。

 

同じことが5回続いた・・・・。

 

オレンジは5個で打ち止めとなってしまった。

明日の朝、ベイビィの身体からはオレンジの香りが漂っているかもしれない・・・。

 

「それでは違うものを・・・・。」

クランベリージュースとザクロのシロップのシャンパン割りを2杯呑まれた。

 

朋友のバーテンダー『土屋裕司』氏が、バレンシアが美味しい時期に、30分でウオッカ1本分の「スクリュー・ドライバー」を呑んだことがある・・・というハナシを聞いたことがあったが、それの次ぐらいに凄い。

 

いろいろな方がいらっしゃるものである。

 
 

『極楽パパ- 吾妻光良 & The Swinging Boppers』

 
 

おそらく現在、世界で唯一の『Jump Blues Big Band』である。

メンバー全員、ミュージシャンでは無い仕事をされている、強者揃いのバンドである。
 
もうそろそろ、結成35周年くらいではないだろうか?

ライブは毎回チケット完売のとても楽しいバンドである。

今週の土曜日の六本木の『ビルボード東京』でのライブも前売りチケット完売なのだそうだ。

凄すぎ・・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月17日 (月)

『しがらみないと』

 
 

Kc4302812

 

カップルでカウンターが埋められた夜・・・。
 
 
 
今にもチューをしそうなくらい、べったり寄り添った彼女が彼氏に・・・・。
 
♀「私、ぼんちゃん(仮名)とずうっと一緒に居たいの・・・・。

  週に二日は会ってくれる?」

♂「週に七日でもいいよ!」

♀「七日以上はダメ?」

♂「一週間は七日だからね・・・。」

私(『Eight Days A Week』って、唄あるぞ・・・・。)

 
 

自分の店なのに、何となく居場所が無くなり、カウンターの一番出口に近い処でおもむろにパイプに火を着け、あまりの寂しさにBGMを『Gary Moore』から『Elmore James』に変える私であった・・・。

 
 

しがらみますな・・・。

 
 

花瓶の代用でワインクーラーに挿している花が新芽を出したよ!(写真)

 
 
 

『Please Find My Baby - Elmore James』

 
 
「エルモア」の代名詞であるエレクトリック・ギターのボトルネック奏法が炸裂している。

 

「彼女は行っちまった・・・もう戻って来ないだろうな

 今朝方、早くに出て行きやがった・・・一昨日の晩もそうだったぜ」

 
 

カップルで一杯のBarでこういう選曲をしている私は、まるで舅(しゅうと)みたいである・・・。

 
 
 
 
 
 
 

2014年11月14日 (金)

『ラッキー・フライデー』

 
 

Img_7102

 

Img_7126

 

Img_7165  

 

昨日は久々のかみさんとデート。

秋の「武蔵五日市」を堪能してきた。

 

「瀬音の湯」という日帰り温泉と「黒茶屋」という山の幸のお料理屋さん。

とっても良かった。

オススメである。

 
 

・・・・ということで『ラッキー・フライデー』。

 

まずは、ほっくほくで熱々のじゃがいもの「北あかり」をバターとイカの塩辛添え。

ちょっと前にお出ししたら、リクエストがきたので・・・・。

 

続いて、ローストビーフのグレービー・ソース、北あかり添え。

こちらも熱々で。

 

まかないパスタは、北海道産のお豆と五日市のトマトのアーリオ・オーリオ、自家製生ハム乗せ。

 

あとは、久々のヒット「オニオン・グラタン・スープ」。

 

先週サービスで好評だった「一口きゅうりのサラダ」は今日は「五日市のきゅうり」でしますよ!

 
 

食べて呑んで「ハッピー・フライデー」今日も頑張るぞ〜っ!!!

 
 
 
 

『I'll play the blues for you - Albert King』

 
 
トレード・マークの『Flying V』で切れ込み鋭いギターを弾く「アルバート」。
 
シビレますね。
 
 
 
 

 
 
 


 
 
 

2014年11月13日 (木)

『11月13日(木)休業いたします』

 
 

Kc430277

 

11月13日(木)は休業いたします。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。


 

吉祥寺 Bar Woody

 
 
 
 

2014年11月10日 (月)

『ビーフシチュー・ブランチ』

 
 

Kc430279

 

早い時間にご来店されたお客様が、「お腹がペコペコ」とのこと。

「パンよりはパスタがいい!」

 

無い知恵を絞って、冷蔵庫の在庫を漁って作ってみたのが写真。

 

熟成肉(ビーフ)を作っていたところだったので、それをステーキ風にミディアムレアにローストした。

グリーンアスパラがあったので、それも添えて、ペンネを茹でて、ビーフシチューのソースをかけて、熱々の三点セット。

 

とても喜んでいただいた。(お代は千円也)

 

良く『男の手料理』と評されるが、こういうものなら私でも作れる。

 

お腹の空いた方、お気軽にどうぞ!

 
 

『Can't get no grindin'  - Night Train Blues Band』

 
 

全然知らんバンドであるが、踊りたくなる感じである。

ハーモニカの方、上手である。

 

スマホで撮ると、途中で画面が横になっちゃうの?



 

 
 

2014年11月 7日 (金)

『ラッキー・フライデー』

 
 

Kc430276

 

クリスマスの飾り付けが始まった吉祥寺の街。

 

・・・ということで、一足早くビーフシチュー一発目仕込み中。

 

きゅうりの一口サラダを本日はサービス。

好評です。

 

『まかないパスタ』の内容はご相談の上で・・・。

 

ほんじゃあ、本日も気合いで呑みましょう!!!


 

『Jeff's Boogie - Jeff Beck & Stevie Ray Vaughan』 

 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

2014年11月 6日 (木)

『カシオレ』

 
 

Kc430275

 

若くてシュッとしたカッコいい息子みたいな歳のおにぃさんから「カシオレください」とオーダーがあった。

カシス・オレンジのことである。

一生懸命作ってお出しした処・・・・。

「このカシオレ、旨いっすね!」

「カシオレ旨い?

 みんなに、ここのカシオレ旨いって、宣伝してよぉ!」

「はいっ!」

・・・とのことであった。

 

カシオレの旨い『Bar Woody』である。

 
 
 

 
或るバーのマスターのかみさんは音楽学校で唄を教えている。

学生との飲み放題の飲み会の席で、かみさんは自分が早く飲みたいので、乾杯までは仕切っている。

「は〜いっ、みなさ〜ん!!!

 最初はビールでいいですか〜?」

ミュージシャンの卵の男子学生が手を挙げた。

「僕、カシオレがいいんっすけど・・・・。」

それを聞いたかみさんは・・・・。

「お前のカシオレ作っている間に、みんなのビールの泡が消えて無くなっちゃうだろっ!!!

 一杯目はビールにしなさいっ!!!」

 

或る種のアルコール・ハラスメントなのであろうか?

  
 
 

 
 
就職も決まり、来春卒業予定の男子学生。

「僕、居酒屋でバイトしてるんですけど、小さい子供を連れてくる家族連れって、けっこういるんすよ。

 居酒屋って、子供の連れてくる処じゃないですよね?

 酒なら、ファミレスだって呑めるじゃないですか!

 居酒屋は大人の来る処だと思うんですけど・・・。」
 
 
この話を聞いて、この子はきちんとした家庭で立派な親御さんから、躾をされたのであろうと思った。
 
たまにお客様を下まで送って行った時に夜中の12時頃なのに、乳児とか幼児を連れて歩いている家族連れを見かけて、ビックリすることがある。
 
いろいろな事情があるとは思うのだが、夜中の12時というのは、乳児も幼児も寝ていなくてはいけない時間帯なのではないのであろうか?
 
 
 
 

 
 
 
新卒三年目の真面目な好青年。
 
一生懸命仕事をされている。
 
読書が好きで、物静かな彼に『柳田格之進』という落語を紹介した。

古今亭志ん生さんのが有名なのであるが、私は立川志の輔さんのが好きだ。

両方とも、youtubeで観ることが出来る。

志の輔さんの方は、最後を志の輔バージョンにアレンジされている。
 
こちらの方が心情的に自然な感じがする。
 
すると、彼は「僕は「三波なんとか」さんの赤穂浪士の話が好きです!」とのことであった。
 
「三波春夫?浪曲かぁ?」
 
「浪曲って云うんですか?」
 
なんでも彼のお父さんが好きで、彼も聞いて涙しているという。

「三波春夫の俵星玄蕃(たわらぼし・げんば)」のことであった。
 
これもyoutubeで観ることが出来る。
 
 
 
 
 
 
 
 
彼氏と彼女の関係では無いカップル。

♀「好きな人の香水とか煙草って、すぐわかるよ!」
 
♂「煙草もわかるの?」
 
♀「だって、チューしたらわかるじゃないっ!
   
  女の子から見ればそうなのよ!」
 
 
わかったようなわからないようなハナシであるが・・・。
 
 
Oo-ee Ba-by !!!
 
君はとっても素敵だぁっ!!! 

 
 
 
 
 
 
或る女の子がお帰りになられた後・・・・。
 
カウンターを見たら、おしぼりが丸めてあった。
 
なんだと思ったら、『カモ』になっていた。(写真)
 
やるじゃん、びーべぃっ!
 
 
 
 
 
 
 
最近の「ばーうっでぃ」の若者事情の一幕でした。
  
お後がよろしいようで・・・・。
 
 
 
 
 

『FUJIYAMA MAMA - Tin Pan』

 
 
 
ニューオリンズ・ビートで、細野さんの唄がカッコいいのであるが、鈴木茂さんのトレモロ・アームを駆使したギターサウンドが何といってもカッコいい。
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月 5日 (水)

『ガムテープとダンボール箱』

 
 

Kc430273

 

早起きして燻製を作って、脱力感に浸ってしまい、何か刺激が欲しい・・・と「AUDIO UNION 吉祥寺店」へ・・・。

 

「今、プレーヤーの視聴するんで聴いていってください!」とのことで、その場でご相伴に預かる。

 

見ると、ガムテープの上にトーンアームが乗っかり、ダンボール箱の上にプレーヤーがセッティングされていた。

「Hip Hop」「賛美歌」「ジャズの女性ボーカル」を聴かせて頂いたが、当方のオーディオの100倍くらい『良い音』で鳴っていた。

感動で震えるくらいの良い音で、失禁しそうになった。

 

本来の使い方を冒涜されている『ガムテープ』と『ダンボール箱』であったが、プロがセッティングすると、感動する音が鳴るのである。

短いがハッピーなひとときであった。

 
 

『Crying in the Chapel - Mahalia Jackson』

 
 
 
 



 




 
 

2014年11月 1日 (土)

『11月1日(土)休業いたします』

 
 

Momocolive

 

本日11月1日(土)はかみさんのライブの為、休業いたします。

宜しくお願い致します。

 

当方の近くのドトール・コーヒー地下のライブハウス『Planet K』にて、秋のかみさんのライブ『momoco-ex Live Vol.6』が今夕18時30分より行われます。

もう立ち見しかございませんが、お時間ございます方、是非ご来場くださいませ。

 

私もバーカウンターにて、カクテル作っております。

ドリンクチケット3枚綴り1300円を購入して頂くと、かなりお得です。

 

当方オリジナルブレンデッドウイスキーの『角』と『ブラックニッカ』のハイボールもご用意致しております。

 

気合い入れていこうっ!!!


 

『Papa's Got A Brand New Bag - James Brown』



 
 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »