無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

『吉祥寺にわか雨』

 
 

Kc430132

 

・・・というカクテルを以前、作っていた。

カシスとモーツァルトと生クリームとダークラム。

なんでこういう名前なのかというと、お作りした女性から「名前は?」と聞かれて窓の外を眺めたら、雨が降っていたので・・・。

演歌の曲名みたいだ。

 

現在のカシスはエキス分が以前よりも高くなり、生クリームと合わせると一発で分離してしまう様になってしまった。

 

お酒のクオリティーが良くなってしまって、作れなくなってしまったカクテルである。

 
 

『Walk Out In The Rain - Eric Clapton』

 
 

ボブ・ディランの曲をクラプトンが歌っている。

男と女のすれ違いの悲しい曲である。

タイトルが物悲しい。

淡々と歌っているが、クラプトンの曲の中では好きな歌である。

 
 
 

2014年4月29日 (火)

『しがらみないと』

 
 

Kc430131

 

「カレンちゃん
 今夜はありがとう・・・ 楽しかったよ! (^3^)-☆chu !! 」

男は、帰りのタクシーの中で、接待の後に一人で行ったキャバクラの『カレンちゃん』にしたたかに酔っぱらった頭で、愛用のi-padを使ってメールを送り、そのまま気絶してしまった・・・。

 

朝・・・・。


気が付くと、男は家の居間のソファーで寝ており、床には、i-padが転がっていた。

二日酔いの頭で急いでシャワーを浴び、着替え、朝食もそこそこに出かけようとすると、妻が・・・・。

「あなた、今日の夕食は?」

「あぁ、家で食べるよ!」

「その時、お話したいことがあるの・・・。」

「あぁ、わかった・・・・。」

多分、明日の結婚記念日のことだろう・・・と思い、そのまま会社に出かけた。

 

夜、家に帰り、玄関のドアを開けると四歳の愛娘が駆け寄って来て・・・。

「パパ〜っ!!!

 カレンちゃんとお友達なのぉ?」

「じぇじぇじぇぇぇ〜っ!!!!」

 

夕食を食べながらの事情聴取が熾烈(しれつ)を極めたのは、想像に難くは無い・・・。

 


しがらみますな・・・。

 
 

写真は、カレンちゃんと一緒に飲みたい当方のハウスシャンパン『J.Lassalle』。 

 
 
 

『Top Of The World - The Carpenters』







2014年4月27日 (日)

『いちごバナナミルク』

 
 

Dsc_3094

 

カフェのメニューでわ無い。

 

ホワイトラムといちごとバナナと牛乳で作る、お酒が全く感じられない危険な飲み物である。

卵、アイスクリーム、プロテイン等、応用範囲は広そうだ。

 

たまにこういう飲み物を作るのも楽しい・・・。

 
 

『Malted Milk - Robert Johnson』


『俺のBluesをぶっとばす為に麦芽牛乳を飲み続けるんだぁぁぁ・・・。』

という歌詞である。 

 

『麦芽牛乳』って『ミロ』の事か?

強くて元気な子になれるかもしれないが、Bluesは飛んで行かないと思う。

 

多分、スコッチ・ウイスキーの事だな・・・。

 

今もあるのかどうか知らんが、以前、哺乳瓶(の様な器)に入ったアルマニャックがあった。

『大人のミルク』という意味だと思うが、まぁ、そんなとこだろう。

ロバートは、当時は超売れっ子の大スターで、お金をたくさん稼いでいたので、一般の黒人が飲めないスコッチを飲んでいたのだと思う。

 
酒と女が大好きだった様で、最後はお酒に毒を盛られて死んでしまった。

 

寂しい曲調のBluesである。

 
 
 
 

2014年4月26日 (土)

『THE LAST BAUS』

 
 

P_livebaus  

 

吉祥寺の『バウスシアター』が閉館する。

経営上の事情では無く、不動産契約の事情での閉館である。 

数ヶ月前にこのニュースを聞いた時から、ずっとずっと信じられない思いで一杯である。

 

『曼荼羅』と『バウスシアター』は吉祥寺が日本に誇る『或る種の文化』だと思っていたので、残念で仕方が無い。

 

今日から、最後のいろいろな催しが行われる。

 

『THE LAST BAUS 〜 さよならバウスシアター、最後の宴』

 

写真は、最後の10日間で行われるライブイベントのポスター。

 

二十代から何度も此処でしか見られない映画を観に来た。

 
爆音映画祭で何度も心を震わせた。


『The Blues Movie Project』では、当方も微力ながら参加させて頂いた。

 
 

「The Last Waltz - The Band』

 

 
私はこの映画を『バウスシアターの爆音映画祭』で初めて観た。

最後の爆音映画祭でこの映画も上映される。

 

もう一度、足を運ぼうと思っている。

 
 

 
 
 

2014年4月25日 (金)

『ロースハム』

 
 

Kc430129

 

晴れて暖かくて、ハッピーな気分になりますな。

 

ということで、早起きして燻製。

 

気合いのロースハム。

 

密かに人気である。

 
 
 

『Blue Skies -  Maxine Sullivan』 

 
 

珈琲でも飲みに行きましょうかね。

 
 
 

2014年4月24日 (木)

『オーディオアンプ』

 

Kc430128

 

当方のオーディオの真空管アンプ。

20kgくらいあって、重たい・・・。

毎日毎日、一年三百四十五日ほど、一日十時間以上、酷使しまくっている。

今日は、CDプレーヤーのメンテナンスとスピーカーケーブルの交換。

ついでに掃除。

頑張って、いい音を鳴らし続けて欲しいものである。
 
 
 
『Blue Skies - Maxine Sullivan』
 
 
 
やっと気持ちよく晴れましたな!

 

 

 

 

2014年4月22日 (火)

『クロック・ムッシュ』

 
 

Kc430125

 

吉祥寺の或るBarで働き始めた青年。

前職は喫茶店のスタッフだったのだそうだ。

「どんなフード出していたの?」という話から、『クロック・ムッシュ』が出て来た。

 

「お〜、いいじゃん、『くろっく・むっしゅ〜っ!』。

 俺、Bar で美味しい『クロック・ムッシュ』食べながら、ハイボール飲みたいなぁ〜!」

・・・などと、無責任なことを云ったら、その彼が「『クロック・ムッシュ』を作ってみました〜!」と云って、差し入れでわざわざ持って来てくれた。

さっそくいただいてみると、なかなか美味である。 

 

嬉しいやら、有り難いやら・・・。

 

「あっちっち!」で食べるのもいいが、ちょっと冷たくなっても美味しく頂けるアテがウレシい。

 

美味しいアテのある Bar は、やっぱりいいな!

 
注)当方に『クロックムッシュ』は無いですよ!

  でも最近、サンドイッチを始めました。
 
  ポテサラ、タマゴ、ハムチーズ・・・。
 
  あと、『ピザ』とは違う『ピザトースト』。
 
  ちょびっと、食べたい時にどうぞ!!!

 
 
 
 

『どうにかなるさ - かまやつひろし』


コードの響きが綺麗ですね。
 
こういう弾き語りは素敵だな。

 
 

もうすぐ、ゴールデンウィークですな。

何処かに行かれますか?

当方は、5/4(日)以外は営業してますよ!

 
 
 
 
 

2014年4月21日 (月)

『ダイキリのアレ』

 
 

Kc430127



お客様から「『ペルノ』を効かせたショートカクテルを・・・。」というオーダーを戴き、閃いたのが『ペルノ』の『アブサン』で作った『秘酒』を効かせた『ダイキリ』。

 
一発でキマッた。

 
これからの時期に呑みたいカクテルになった。

 
 
名前が無いので『ダイキリのアレ』ということで・・・。

 
ただね、ライムが・・・・。


 

『どうしようもないよ - 萩原健一』

 
 

ライム、困りましたね・・・。

 
 
 
 

2014年4月20日 (日)

『吉祥寺探偵物語 - 消えた少女』

 
 

Photo

 

これは、面白いです。(双葉文庫)

 
吉祥寺の街の様子がとても上手に表現されております。

これ以上、書くとネタがばれてしまいますので・・・。

 
是非、ご一読を!!!

 
 
 
 

2014年4月19日 (土)

『義援金(笑顔資金) 三十八発目』

 

Img

 
 
義援金(笑顔資金)三十八発目を振込致しました。

ご協力頂きましたお客様、本当にありがとうございました。

 
 

振込先の「グラアカ・ボス」こと、『平野 仁』さんから、メールを頂きました。

 
「いつもありがとうございます

 6月21、22日にまた格闘家が集まって、ニコニコ東北を開催します
 釜石と大槌で仮設回りと保育園まわりをして、マストで格闘技の試合をします

 子どもたちにまた絵本やDVDを買うので、その資金にさせていただきますね(^^)

 本当にいつもありがとうございます(>_<)」

 

ということでした。

 
 

もう少し続けますので、これからもご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


  
 

『Little Red Rooster - Keith Richard & James Cotton』

 
 

これは、とてもびっくりの映像である。

 
 
 
 

2014年4月15日 (火)

『前略 橋本 潤 様』


Kc430126

 

しばらくご無沙汰でしたが、病気と戦っていらっしゃったのですね。

かみさんから、昨日の夕方電話があり、潤さんの訃報を知りました。

残念で、仕方がありません。


 

横道坊主(おうどうぼうず)のベーシスト『橋本 潤』として、最後までベースを抱えていらっしゃいました。

闘病はしていたものの、ツアーに出かけて行ったり、当方に遊びに来てくれたり、お子さんと吉祥寺の街の中を散歩していたり・・・。

潤さんは子煩悩でしたね。
 
しょっちゅう、吉祥寺の街の中で息子さんと一緒の所に行き会いました。
 
息子さんたち、潤さんのこと、大好きだったみたいですものね。

 
 
 
『いせや』の立ち飲みで横になった時は、いつも『もも焼き』にかぶりついていたな。
  
「今度、一緒に行きましょう!」って云っていたのに、結局、行けませんでした。
 
「今度」と「いつか」は当てになりませんね。

 
 
 
 
二年前の当方での『木村 圭児』君の Live でも、しっかり圭児君の唄のサポートをしてくれました。

 
その後の吉祥寺『Rock Joint GB』で、石橋 凌さん、佐野史郎さん、三宅伸治さんと一緒に『いい事ばかりはありゃしない』を物凄く恥ずかしそうに歌っていたのが、今となってはなんとも忘れられない思い出になってしまいました。
 
潤さんのステージ姿を見た最後になってしまいました。
 

確か、その後のクリスマスに、ストーンズのオフィシャルの新品の皮ジャンを着て、「かみさんにプレゼントしてもらったんですよ! バンドのメンバーに見せても、あんまりピンと来ないみたいで、ぼんじさんだったら、『お〜っ!!!』って、言ってくれるかなぁ〜・・・って思って・・・。」と、わざわざ見せに来てくれたこともありましたね。
 
ご期待を裏切らず「お〜、すっげぇぇっ! 俺も欲しいっ!」と云ったのを覚えています。
 
 
 
 
ここまで書いて、石橋さんが、来てくれましたよ。
 
「潤ちゃんの献杯をしよう!」って云って、『Blanton』のロックと潤さんの好きだった『Black Bush』のロックと私のひげハイで、石橋さんが献杯してくれました。
 
大好きな石橋さんに献杯してもらえてよかったですね。

 
 
 
大好きだった『高田 渡』さんの命日の近くに逝ってしまったのは、偶然だったのでしょうか?
 
 
 
 
いつも、店にいらしては、『横道』での活動の話とストーンズの情報交換してましたね。
 
このあいだの東京ドームは行かれましたか?

感想、話合いたかったな。
 
 
 
 
やっぱり、潤さんと会えなくなるの寂しいな。

あの世で、凄いミュージシャンたちと、たくさんセッションしてくださいね。

お別れは、やっぱりストーンズで、行きましょう!!!


『You Can't Always Get What You Want - The Rolling Stones』
 
 
 
 
「ご冥福をお祈りします」とか「合掌」とか、そんな利いた風な、さよならの言葉は言いませんよ。

吉祥寺の街を歩いていたら、またどこかで、ニコニコ笑っている潤さんに会えそうだからね。

 
またね。

 
草々


うっでぃ

 

 

2014年4月14日 (月)

『初ロマーノ・レーヴィ』

 
 

Kc430124

 

「いつ開けようかな?」と思って、隠しておいた『ロマーノ・レーヴィ』。
(Grappa の一銘柄。詳しくは札幌『Bow Bar』で・・・。)
 
 
昨夜、封切り。 
 
 
すっげぇ、美味い・・・。

飲み込んだ後に、葡萄の味と香りが、ブワッと口中に広がる。


これは、別格!

 

何か、良い事があった夜にどうぞ!

 
 
 

『Serpico - Soundtrack』

 
 

映画を見終わった後、この綺麗な音楽を聞くと、本当に泣けてくる。

『ディア・ハンター』なども同じである。

汚職と裏金が蔓延しているニューヨーク市警。

同僚方からも『(イタリア)移民の子』と馬鹿にされながら、自分の正義を信じて一切曲がった事をしない一匹狼の刑事『セルピコ』。

警察仲間からも脅され、遂には援護射撃されずに、麻薬密売者の銃弾を顔に打ち込まれる・・・。

 

実話を基に描かれた映画。

私が中学生の時の映画である。

映画の内容の激しさと音楽の綺麗さのギャップがとても印象に残った作品である。

 

 

2014年4月13日 (日)

『銀の匙』という映画

 

Kc430123

 

写真は、千歳空港のお寿司屋さんに飾ってあった額。

私も一緒である・・・。

 
 

かみさんのオススメで、お袋と三人で見て来た映画。

『銀の匙 Silver Spoon』

 

劇中に出てくる太った女の子は、かみさんの唄の同級生のお嬢さんなのだそうだ。

 

普段、口に入るものを提供しているせいか、とても感動した。

 

中村獅童さんが抑えた渋い演技をされている。

 

上島竜平さんは、出番こそ少ないものの、物凄く光っている。

若い頃からお笑い芸人として、たくさん楽しい事や苦しい事、辛い事を経験されたからこそ、こういう演技が出来るのであろう。

 

以前『土屋 守』さんと、品種改良された大麦の話をした際に「お百姓さんだって、良い暮らしをしたいですから・・・。」と云われた事が、改めて心に蘇った映画である。



そう云えば、ライムは冷害が出て不作になり、6月末まで安定供給されないんだそうだ。
 
 
 
 
 

2014年4月 9日 (水)

『4月10日〜12日連休します』

 

Kc430122

 

4月10日(木)〜12日(土)連休します。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

吉祥寺 Bar Woody

 
 
 

写真は『サザンコンフォート』。

ジャニスがこれのポケット瓶に咳止めのシロップを入れて飲んでいたのは有名な話。

在庫棚の奥にあった「50度」のものだが、如何せん(いかんせん)味が薄い。

私が知っている『Southern Comfort』の味だとはどうしても思えない。
 
我慢が出来ない位、薄い。

 
納得出来る様に、味の調整をしてみた。

『Jack Tar』で使うのがほとんどであるが、何となく味がまとまったと思う。

「何だかだなぁ・・・。」と思うことが多い今日この頃である。

 
 

『One Night Stand - Janis Joplin』

 
 

『Paul Butterfield』がハーモニカを吹いている。

『Janis』の曲の中で最も好きな曲である。

 


 
 
 
 

2014年4月 8日 (火)

『キスフライ定食』

 
 

Kc430120

 
 
我が家の本日の朝食・・・。

 

お客様から、釣ってきたばかりの『キス』をたくさん頂いた。

超ウレシい!!!

これは『キスフライ』しか、ないだろっ!!!

 

さっそく、開こうっ!!!

開き方、知らん・・・。

 

『クックパッド』見て、トライしてみた。

うろこを落とすのは、ペットボトルのふたで、ゴシゴシ擦ると、信じられないくらい、簡単に綺麗に落とせた。

あとは、開くだけ・・・。

包丁は、たまたま前の日に、バリバリに研いだばかり。

最初の二、三匹は、ぎたぎたになってしまったが、あとはまぁまぁ上手に開けた。

家に持って帰って、かみさんに揚げてもらった。

 

全然、生臭く無く、カラッと揚がってとても美味しかった。

ごちそうさんでした。

また、大漁の時は、おすそ分けしてくださいねっ!!!

深謝!!!

 
 
 

『Detroit Rock City - KISS』

 
 
 

私が高一の時には既に活動していたので、足掛け三十五年以上・・・。

ストーンズも凄いが、『KISS』も凄いっ!!!

 

見入っちゃうなぁ〜・・・・。

 
 

野球やアメフト(これはアイスホッケー?)のプレイ前(幕間)に、こういうショーがあるのが、アメリカの凄いところですな。 

日本では出来ない花火やマグネシューム炸裂も、盛り上がって羨ましい限りである。

  
 
 
 
 
 

 

 

2014年4月 7日 (月)

『歩きタバコ』

 
 

Kc430109

 
 
今日は、当方の住まいの傍の『井の頭小学校』の入学式。

親御さんとピカピカのランドセルを背負った新入生が歩いている姿は、とても微笑ましい。

平和であることを感謝する次第である。

 
 
 

吉祥寺駅の北口に『マナーポイント』と呼ばれる喫煙所があった。

いつもたくさんの人がそこで喫煙をしていた。

そこで喫煙して、その後、『歩きタバコ』をしないのであれば、それはそれで良いことである。

 

ところが二月の半ばに、マナーポイントが撤去されてしまった。

その途端、『歩きタバコ』がもの凄い勢いで増えた。

それでなくても、人がごしゃごしゃ居る吉祥寺の街では、危なっかしくて、仕様がない。

もしも『マナーポイント』が必要悪であるならば、悪であっても、設置して頂きたいものである。

 
 

『Sweet Home Chicago - Robert Jr. Rockwood』

 
 
 

『Robert Johnson』から直接ギターの弾き方の手ほどきを受けた数少ない人の一人である。

90歳を過ぎても未だに現役である。

頑張って頂きたい。

 
 
 
 
 

2014年4月 6日 (日)

『4月6日(日)休業いたします』

 
 

Kc430115

 

4月6日(日)休業いたします。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

吉祥寺 Bar Woody

 
 

『 Hideaway - Stevie Ray Vaughan』 

 
 
 
 

2014年4月 5日 (土)

『ロースハム』

 

Kc430119

 

絶好のお花見日和である。

燻製日和でもある・・・。

早起きして、燻煙にまみれている午前中である。

 

以前、銀座『MONDE BAR』にお伺いした際に頂いた『自家製ハム』に甚く(いたく)感動して、同じものは作れないが、当方でも作っている。

燻製ローストであるが、なかなか旨いと思っておる。

燻製チーズとのサンドイッチもイケるし、カルボナーラでも旨い。

もちろん、そのまま特性ソースに付けて食してもイカしている。

お試しあれ。

 
 
先日、『MONDE BAR』の『長谷川 治正』さんが当方の傍のお寺での知人の葬儀の後に寄って下さった。
 
2杯ほどお飲みになり、「どこか、串揚げでも・・・。」ということで当方の向かいの第一ホテルの裏にある『串や』さんをご紹介して、一時間ほどでまた戻ってきて下さった。(じぇじぇっ!)
 
二人きりの時間がしばらくあって、お酒の話、カクテルの話、等々、知らないことをたくさん教えて頂いた。

『Malibu』というココナッツ・リキュールを使った『Malibu Dancer』というカクテルが長谷川さんのオリジナルであることを聞いて、大層驚いた。
 
普段、先輩とじっくり深い話をお話しできるタイミングというのがなかなか取れず、とても有意義で楽しいひとときであった。

 
 
当方から徒歩五分圏内には、神社が一つ、お寺が四つ、当方の向かいには、葬儀屋さんがあり、杏林大学病院と武蔵野日赤病院もある。
 
何のご心配もなさらずにご来店頂けると幸いである・・・。
 

 

 

『十番街の殺人 - The Ventures』


 
もう一発、ベンチャーズ。
 
ギターで弾くのには、出だしから、いきなり難易度の高い曲である。
 
「テケテケテケ・・・」と表現されるこれもとても難しいのである。

ベンチャーズは誰でも弾けそうなのであるが、これが本当に難しい。

未だに、渡辺香津美さんやCharさんがベンチャーズを弾かれるのには、此処に理由がある。
 
 
もう二十年くらい前の話であるが、帽子を冠っている弾いている『ノーキー・エドワーズ』さんのコンサートが札幌であった。
 
ノーキーさんから、アンプの指定があり、『Fender・Twin Reverb』か『Peaveyの真空管アンプ』。
 
状態の良い『Twin Reverb』が無く、たまたま私のお世話になっていた楽器屋さんに修理の上がったばかりの私の『Peavey』が置いてあり、それを使ってもらった。
 
ちょっと自慢話である。
 
 
 
 

2014年4月 4日 (金)

『Wet Blond』というカクテル

 
 

Kc430117

 

『CORREOS』の大泉さんのオリジナル・カクテル。

キルシュとカルバドスを5:1でステアするショートカクテルであるが、『Francis Albert』とタメを張る位の傑作カクテルだと私は思っている。

味はドライで、『キンっ!』と冷えているとシビレる程、美味い。

『CORREOS』の最終営業日の閉店時間近くになって、お客様から、「皆さんでどうぞ!」とカクテルをたくさん振舞って頂いた。

『Martini』『Manhattan』と続いて頂いたのがこのカクテル。

ずいぶん久しぶりに頂いたが、とても美味しかった。

 

先輩たちの作られた『オリジナル・カクテル』を出来るだけ当方でも、忘れないで提供させて頂こうと思っている。

『Wet Blond』もそういうカクテルである。

 
 

『Secret Agent Man - The Ventures』

 
 
 

良いものは、理屈抜きに良いのである。

 
 
 
 
 

2014年4月 1日 (火)

『BAR CORREOS』閉店

 
 

Img2

 
 

「俺は、十五歳から働いてるからさぁ・・・、もう疲れちゃったよ・・・。」というマスターの大泉さんの言葉を聞いたのは、昨年の切り絵の『成田一徹』先生のお別れ会の帰り道の電車の中であった。

 

それから約一年後の昨日、閉店した。

開店の時も手伝いに行ったので、昨日も行って来た。

 
 

閉店の手伝いをしたのは、吉祥寺の『GEORGE'S BAR』の時以来。

その時も大泉さんと一緒であった。

 

当たり前のことであるが、開店の手伝いでは無いので、楽しくも何とも無い。

 

一昨日の三十日は、『三笠会館』にいらっしゃった『稲田春夫』さんのお別れ会。

 

お二方とも、第二次大戦後の混乱した世の中で、食べる為に生きる為に、訳が分からんで就いた仕事が『バーテンダー』だった。 

 
 

東京のBARの何かが終わってしまったようだ。

 
 
 
  
 

『THE WEIGHT - THE BAND & THE STAPLE SINGERS』

 
 
 

 
『重荷を下ろして、楽になんなよ!』という唄である。

 
 

人生はそんなに簡単なものでは無いので、『唄』になるのである。

 
 
 
 
 
 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »