無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月29日 (水)

『天気晴朗なれど風やや強し』

 
 

Kc430097

 

休み明けも、早起きして、燻しております。

 

写真は、サーモンと筋子。

 

いい感じで燻せてますよ!

 

ハイボールで、是非ご賞味を!!!

 
 
 

悲しいニュースである。

『伝えられぬ苦しみ「吃音」 就職4カ月、命絶った34歳』

 
 

『Scatman John』という歌手がいた。

彼も『吃音』に苦しみながら、音楽を続けた人であった。
 
もともとピアニストであったが、あるときに、自分の吃音を逆手に取って、他者には真似の出来ないスキャット(歌詞の無い音をメロディーに乗せて歌うこと)を作り出した。
 
 
歌手として成功してからは、吃音者のためにずいぶん功労された方である。

 

『THE SCATMAN - Scatman John』  

 
 
 

こういう悲劇を繰り返さないために、どういうことをしたら、良いのであろうか?

 
 
 
 

2014年1月28日 (火)

『1月28日、休業いたします』

 
 

Kc430063

 

1月28日(火)休業いたします。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

『ルーシー - 萩原健一』  

 
 
 

バンドもショーケンも、超カッコいいっ!!!

 

 

2014年1月27日 (月)

『復活っ!!!』

 
 

Kc430094

 

いつもの魚屋さんに、『牡蠣』を買いに行った。

牡蠣の上に札が置いてある。

 

『かき』・・・・『岩手』・・・・。

 

「じぇじぇっ!!!」

 

「復活したぁっ!!!」

 

かたちの大きな『岩手』の牡蠣である。

 

さっそく、購入。

『牡蠣のオイル漬け』作ったよ!

 

なまら、美味いっ!!!

 

今夜から、提供しますよ。

 

ヤバい、つまみ食いし過ぎてしまう・・・・。

 
 
 

『The Samething Could Happen You - Lazy Lester』

 
 
 

New Orleans』のブルース・ハーピスト。

唄がイナたくて、なんとなく演歌っぽくて、とても好きだ。

ゴキゲンである。

 
 
 

2014年1月26日 (日)

『じん・じん・じん』

 
 

Kc430093

 

『Gin』は、使用頻度が高いお酒である。

気づけば、「無くなってもうた・・・。」という感じである。

 

混ぜますよ、気合い入れて!

 
 

『Suntory Ice Gin - 森高千里』

 
 

『緑茶』と『Gin』で、『日本Gin』かぁ〜?
 
 
 
注:当方の『Gin』に、『Suntory』入っとらんです・・・念の為・・・。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

2014年1月25日 (土)

『サッポロ』というカクテル

 
 

Img_6757

 
 

カクテル好きな方には、本当に有名な札幌『Bar やまざき』のマスター『山崎達郎』氏のオリジナルカクテル。

 

私如きが、こういう事を記すのもおこがましい限りではあるが、『傑作カクテル』であると心から思う。

 
 

この寒い時期の札幌の空気感が、この一杯に、見事に表現されている。

『ピシッ』と云う、夜の雪の軋む(きしむ)音が、聞こえてきそうである。

 

使用しているお酒は、ウオッカ、アマレット、ドライヴェルモット、グリーンシャルトリューズ。

 
 

私のバーテンダー人生で、こういう『傑作カクテル』を創作してみたいものだと、本気で思う次第である。

 
 
 
 
 

『虹と雪のバラード - トワ・エ・モア』

 
 

小学校四年生の時に『札幌オリンピック』があった。

 

『昭和天皇』の開会式の挨拶が今でも思い出される。

 
  
 

 
 
 
 

2014年1月24日 (金)

『通天閣』

 
 

Kc2a0047

 
『大阪』が好きだ。

特に、この『通天閣』辺りが好きだ。

 

若い頃は、『梅田』やら『アメリカ村』だった。

まだ『うめだ花月劇場』があった頃の話である。

 

『アメリカ村』が東京のファッションに浸食される前は、独自のファッション・スタイルがあり、これが私のツボに、はまったのである。

原色を生かした、東京には無いものがたくさんあった。

ギターをかついで行って、地元のブルース・バンドに入れてもらって、演らせてもらった時も、ユーカラ織のバンダナに、ここで買った原色バリバリの衣装を着たら、「太った『ジミヘン』やな!」と云われたりした。

 

『三角公園』のそばに『トルコ・ライス』を出す喫茶店もあった。

若かったので、よく食べに行った。

美味しかったな・・・。

 
 

今は、西成、天王寺、阿倍野・・・・地区。

妙に居心地が良い。

 

西成には、すっげぇ美味い『ホルモン焼き屋』さんがあり、『通天閣』のそばには、物凄く良い、『居酒屋』さんと『Bar』があるが、ここは私の隠れ家なので、絶対に教えない。

 

そもそも、『隠れ家』とか『儲かる話』というものは、人に教えないものである・・・。

 

また、『大阪』に行きたくなってきたな!

 

『大阪で生まれた女 - 萩原健一』

 
 
 

オリジナルは、『BORO』という方。

壮大な(?)組曲になっていて、30分くらいある。

オリジナルを聴いた『内田裕也』さんが、ショーケンにカセットで聴かせて、「やってみないか?」と云って、ショーケンがこのスタイルにまとめたのである。

「カラオケ」で唄えるのは、ショーケン・ヴァージョンである。

 

バックバンドは『柳ジョージ&レイニーウッド』。

右側の黒いギターリストは『井上尭之』さん。

 

素晴らしい、唄と演奏である。

 
 
 

 
 
 
 

2014年1月23日 (木)

『大槌からのメール』

 
 

13903846478510

 

大槌の「グラアカ・ボス」こと、『平野 仁』さんから、メールを頂きました。

 

笑顔資金、いつもありがとうございます!

先日18日、笑顔資金を活用させていただき、大槌町の保育園7ヵ所にオモチャとお菓子を人数分届けました(^^)

約600人分です

それと、子どもたち20人ほどと餅つきをしました

俺自身も大きなことはできませんが、田中さんや皆さんからお預かりした笑顔資金で子どもたちに少しでも笑顔になってもらおうと思ってます

これからも細く長く続けます!

本当にいつもありがとうございます

 
 

・・・ということでした。

 

『600人分のオモチャとお菓子』というのに、びっくりっ!!!

(当然、当方の送金した分だけでわ無い。)
 
 
それを一緒に配ってくれている仲間の方たちも素晴らしいっ!!!

 

シビレるぜいっ!!!!

 

一緒に送って下さった写真を以下に・・・。

 

13903846481081

13903846481211

13903846481613

13903846482544

13903846484805

13903846487996

13903846489367

13903846490689

13903846489958

 
 

やっぱり続けていて、良かった・・・と思っております。

もうしばらく、義援金モルトを続けますので、御協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

『Nobody knows but me - Billy Joel』

 
 
 

61mdozjrcvl_sl500_aa300_  

 
アルバム『In Harmony 2』から・・・。

 

アメリカのミュージシャンがテレビ番組『セサミ・ストリート』を作っている『Children's Television Workshop』に売り上げを寄付する為に製作したアルバム。

『1』もあって、両方とも凄いミュージシャンが参加している。

多分、アナログ盤しか無いが、機会があれば、是非御一聴を・・・。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

2014年1月22日 (水)

『義援金(笑顔資金) 三十七発目』

 
 

Img


 

皆様からお預かり致しました義援金(笑顔資金)三十七発目を本日、『グラアカ復興プロジェクト"Shines On Tomorrow"』に送金致しました。

 

御協力頂きました御客様皆様に、心から感謝致しております。

 

昨年、御来店頂いた『グラアカ・ボス』こと『平野 仁』さんが、「こんなにも早く風化してしまうとは、とても思わなかった・・・。」とおっしゃられておりました。

しかしながら、現在も、被災地の為に身体を現地に運んで下さっている御客様、「何か出来ることはないか?」と真剣に考えて下さる御客様もいらっしゃいます。

 

今回は、「被災地に行きたいけれども、どうしても行けないので・・・。」という御客様から、別枠でもお預かり致しました。

その御客様と「出来ることを細々とでも良いから続けていこう・・・・。」と話しました。

 

私は、一度しか被災地には、行っておりません。

帰ってきて「私には何が出来るのであろうか?」と私なりに考えて、「私が被災地に行っても何も出来ないので、現地の志のある人たちにお金を送って役立ててもらおう!」という結論に至りました。
(その前から、被災地に義援金を送ってはおりましたが・・・。)

 

もうしばらく、続けますので、カウンターの上の義援金モルトとマール、たまに呑んでやってもらったら・・・と思う次第であります。

 
 
 

『You've got a friend - Carol King』

 
 
 
 
 

2014年1月21日 (火)

『Black & White』

 
 

Img_6745

 

初めて御来店された青年が云った。

「『Black & White』っていうお酒ありますか?

 『芥川龍之介』の小説の中に出て来るんですが、呑んでみたいんです・・・。」

 

ちょうど前日、「開けようかな、どうしようかな?」と、ボトルを眺めて考えていた処であった。

そう云われて、開けないとウッディーのマスターの男が下がる!

(注:何でもかんでも、封切りする訳では無い・・・。)

 

「ロックで・・・。」というオーダーであったが、「せっかくなので、最初はストレートで呑んでみて、後からいつでもロックにしてあげるから・・・。」とストレートでサーブ。

愛おしそうに、ゆっくりゆっくり嘗めておられた。

 

『歯車』という小説の中で、主人公が銀座のレストランバーで、『Black & White』のソーダ割りを呑む・・・というシーンがあるのだそうだ。

昭和の始めに、このお酒は、一杯如何程であったのであろうか?

 

結局、青年は、ストレートで一杯呑まれ、文学青年であったようで、写真家『林 忠彦』さんの文士の写真集を食い入るように読みながら、ロックでもう一杯呑んでいかれた。

「太宰」の写真を観ながら、先日お伺いした『ルパン』の話をしたら、興味深そうに聴いてくれた。

 

しばらく体調不良で、前日、お医者様から、飲酒の許可を得たばかりだったとのこと。

喜んでお帰り頂いて、何よりであった。

 

どういう方向からでも、若い方がお酒に興味を持って呑んでくれる・・・というのは、本当に嬉しいことである。

 
 
 
 

『Big Legged Woman - Freddie KIng』

 
 
 

バロックをかけていたら、御常連の歯科医の先生が、「『ギュイ〜ん』って云ってなきゃ、イヤだ!」と云うので、気合いの『Freddie King』を・・・。

 
 

「お前の頭のてっぺんからつま先まで大好きなんだ!

 残飯漁っている豚よりも、お前の方が断然素敵だよ!

 だって、お前は『超ミニスカート』の『でか足女』じゃないか!

 俺の事をがっかりさせないって、約束してくれよ!」

 
 

とんでもない歌詞である。

何を云わんとしているのか、まったくわからん・・・。

 

こういう唄を唄って、『ギュイ〜ん』って云うギターを弾いて、女の人から、「キャーキャー」云われて、超モテる・・・というのが、『Blues man』なのである・・・。
 
 
ピンクのジャケットが素敵である。
 


 

 
 
 
 
 
 

 
 

 

 

2014年1月20日 (月)

『営業時間を延長します』

 
 

Kc430092

 

2011年3月11日の東日本大震災以降、深夜の御客様が少なくなり、閉店時間を23時にしておりましたが、少しずつ、深夜の御客様が戻ってきましたので、閉店時間を25時に致します。

 

今後とも、御利用の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

・・・・ということで、寒いっ!!!!

寒すぎる!!!!

 

何か暖かいものを食べたくなり、今日は『クリームシチュー』の気分だったので、『賄い(まかない)シチュー』を作りました。

 

皆様の分もご用意しておりますので、どうぞお召し上がりくださいませ。

暖まりますよ!

 
 

『White Room - Cream』

 
 
 

今更なんですが、やっぱり凄いもんは凄いですな!

 
 
 
 

『Bar Woody - Suntory Bar Navi』 

 
 
 

 
 
 


2014年1月19日 (日)

『Frozen Strawberry daiquiri』

 
 

Img_6741

 

何故、雪が降りそうなくらい寒いこの時期に、フローズン・カクテルを出すかと云われれば、やっと真っ赤で美味しそうな苺が、リーズナブルな値段で買えるようになったからである。

 

暖房の効いた『Bar』で、お酒で火照った身体をクールダウンさせるなら、ちょうど良いし、とにかく美味しい!!!

 

久しぶりに自分で作ったものを一杯分呑んでみたが、ミキサーを変えたのも手伝って、かなり舌触りのなめらかな、美味しいものが出来た。

 

イカしていると思う。

 
 

『Strawberry Letter 23 - Brothers Johnson』

 
 

プロデューサーは、『Quincy Jones』で、ギターソロは『Lee Ritenour』。

『ディスコ』の時代を感じさせる、音楽である。

 
 
 
 
 
 

2014年1月18日 (土)

『シェリー樽 二種』

 
 

Img_6740

 

最近、「バリバリのシェリー樽(のモルト)」と云う、オーダーが多い。

 

確かに最近、酒屋さんに行っても、まっ茶色のシェリーウッドって、あまり見んなぁ〜・・・。

改めて当方のバックバーを眺めても、’69の「Longmorn」と「軽井沢」と「余市15年」くらいしか無い。

 

それでは、と、在庫ガサゴソ漁っていたら、二本出て来た。

 

’80の方は、「Glen Grant」。

「Kingsbury's」の武蔵屋さんオリジナル。

十年くらい前に買ったんだったかなぁ?

59.1%。

 

もう一本は、久しぶりの「Macallan 12years old」。
 
封切りが楽しみである。
 
 
桜も咲いてきた!

 

 

『Sweet Wine - Cream』
 
 
 
やはり、おじさんになっても、カッコいいもんは、カッコいいのである。
 
 
 
 

2014年1月17日 (金)

『花とバロック』

 
 

Img_6735

 

最近、花をいろいろな方面から頂く。

ありがたいことである。

何も無い店なので、花を飾ると本当に華がある雰囲気になるので、不思議である。

 
 

クラシック音楽はほとんど知らないのであるが、唯一、バロックの鍵盤(パイプオルガン、チェンバロ、ピアノ)だけは、たまに無性に聴きたくなる。

 

ということで、此処二、三日はバロックばかり店でかけている。

 

だが、誰の曲で、誰がプレイしているのかは、さっぱりわからん・・・。

 
 

客 「おっ!マスター、めずらしいね!

   このチェンバロのソロ(独奏)、誰の曲なの?」

私 「えっとぉぉぉ・・・・、

   バッハのぉぉぉ・・・、

   歌劇「女王様のハイヒール」、ケッヘルナンバー5862、変お短調・・・。」

客 「ねぇよ、すったらもんっ!!!」
 
 

「クラシック音楽を『冒涜』するなぁぁっ!!!」と叱られそうである。

 
 
 

『花とバロック』で、自分の店では無い様な気がしてくる・・・。

 
 
 

『Keith Jarrett plays Bach』

 

あの、『Keith Jarrett』が、バッハを弾いておる・・・。

 

「驚き、桃の木、山椒の木」である・・・。

 
 
 
 
 

2014年1月16日 (木)

『出来たっ!!!』

 

Kc430091

 

上は、ロースハム。

ハム用のソースを付けて食べても美味であるが、ピザのトッピングにも使うし、パンがあれば、サンドイッチも、まいう。

 

スモークサーモン、帆立、牡蠣、ヤリイカ、たらこ!

あとは、玉子と柿ピー。

 
 

ハイボールと合わせて、チリバツ!!!

 
 
 

『Smoke』

 
 

Kc430090

 

ブログの更新も出来ん程、なんだかバタバタしている今日この頃・・・。

 

新年初スモークは、久しぶりに「ヤリイカ」が登場。

「ヤリイカ」の上は「たらこ」。

 

どんな風に仕上がるか、楽しみである。

 
 
 

『Innocent When You Dream - Tom Waits』 

 
 
 

恵比寿ガーデンシネマで超ロングラン興行の記録を持つ映画『Smoke』のエンドシーンである。

主人公が毎日撮り続ける写真のカメラをどのように入手したか、が描かれている。

 
映画公開から約二十年・・・。
 
こういうタイトルの映画はもう二度と作られないことであろう。
 
『風立ちぬ』の喫煙シーンで、四の五の云われる時代である。
 

久しぶりに観て、改めてゆっくり全編を観たいものだと、思った次第である。

 
 
心に残る映画である・・・。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

2014年1月12日 (日)

『トマトソース』

 
 

Kc430088

  

「Woody ピザ』に無くてはならない『トマトソース』、ただいま仕込み中。

ちなみに、もう一つのソースは「ジェノベーゼ」。
こちらも手作り。

けっこう評判である。

 

『They're Red Hot - Eric Clapton』

 

オリジナルは『Robert Johnson』大先生。

屋台のトマト売りの口上ソング。

寅さんの口上と同じ感じ。

 

ドラムの「Steve Godd」、ベースの「Nathern East」、ピアノの「Chris Staton」は、今回の来日メンバーである。

最終日の武道館、ひょっとしたら、「キース」か「ロニー」が飛び入り参加するかも!

 
 
 


 

2014年1月11日 (土)

『dancyu 2月号』

 
 

70f3a5ad8e

 

久しぶりの『Bar 特集号』。

 

私の数少ない同じ歳のバーテンダー『相澤 治』氏の Bar『Le Dromadaire』が「カッコ良く」掲載されております。

 

是非とも、御購読を!!!

 
 
 

もう何年前のことだろう?

渋谷「109」の上に『Collegio』という Bar があった。

大虎になって、店と作家の『大竹 聡』さんにどえらいご迷惑をおかけした事があった。

これは、今思い出しても、穴があったら入りたい感じである。

 

或る夜、ふらっと遊びに行ったら、切り絵作家の『成田一徹』先生と作家の『枝川公一』先生の珍しい2ショットということがあった。

偶然、お会いしたということであったが、プライベートでお店も混んでいたので挨拶をして、私は私で、「凄いお店だな!」と思いながら、お酒を頂いたのを覚えている。

 

こういう偶然は、もう二度と起こらなくなってしまった。

 
 

歳を取って、こういう風に寂しさを少しずつ感じていくものなのかと、改めて感じる今日この頃である。



『Don't Pass Me By - Ringo Starr』  

 
 

『The Beatles』 の中で最も好きな曲である。

 
 
 
 
 

2014年1月 9日 (木)

『新年会』

 
 

Kc430086_2

 

昨日は毎年恒例の『Bartender's Club』の新年会(@三笠会館)。

 

大先輩たちとメーカーさん、輸入業者さんらと、楽しいひとときを過ごす。

 

楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまうもの・・・。

 
 

終了後は、渋谷の小父さんこと、コレオスの大泉さんと銀座散策。

 

三笠会館の向かいにある『銀座サンボア』に、十一月までコレオスで働いていた「荒巻純一君」の陣中見舞いにお伺いする。

元気そうに働いていて何よりであった。
 

 
 
Kc430087

 

「サンボア」の後は、「しばらく不義理をしているので・・・。」ということで、老舗中の老舗『銀座・ルパン』に・・・。 

私は初『ルパン』。

 

バーテンダーの『開(ひらき)幾夫』さんの正面に座らせて頂いた。
(当然、大泉さんのお陰!)
 
メニューに大きく記してあった『ゴールデン・フィズ』(卵の黄身を使ったジン・フィズ)をお願いした。
 
バーテンダーに作ってもらって呑むのは初めて。
(自分で作って呑んだことはある。)
 
8オンスのタンブラーに作られた、綺麗な黄色いそれは、とても美味しいものであった。

 
超有名な『太宰治』の写真は、どうやって撮られたのかという話も聴けて嬉しかった。

 
開さん曰く、「若い頃、中央線の三寺(高円寺、吉祥寺、国分寺)では良く遊んでいました。」とのこと。
 
確かに今でも、若い人たちがたくさんいる街である。
 
 
今は無くなってしまった吉祥寺のジャズの名店『赤いからす』にもよく行かれていたのそうだ。
 
 
 
小父さんが云った。
 
「中央(総武)線で唯一、お寺の無い駅って、知ってる?」
 
「知らんです。」
 
「小岩・・・。」
 
「?」
 
「恋は儚い(小岩、墓無い)・・・。」
 
「うわあぁぁぁっ・・・・・。」

 
 
開さんも、呆れて笑っていらっしゃった。
 
 
 
楽しい新年会であった。


 
 
『ルパン三世のテーマ - 大野雄二』
 
 
 
 
 
ベタで、すまん・・・。
 
でも、超イカしてるっ!!!

 
 
 
 
 

 

 

 

2014年1月 7日 (火)

1/8(水)休業いたします。

 
 

Img_6714


 

1/8(水)休業いたします。

宜しくお願い申し上げます。

 
 

『アイリッシュ・コーヒー』復活!!!

 

東中野『Smoke Salt』の剛ちゃんが、『アイリッシュ・コーヒー』を始めたという話を聞き、「それは負けておられんっ!!!」と、当方でも復活致しました。

以前、お出ししていたものとは違いますが、「ちょっとひとくち!」という感じで楽しめます。

 

お試しあれ!!!

 
 
 

『コーヒーブルース - 高田 渡』

 

広大な喫煙席のある『イノダコーヒー』本店は、煙草吸いにオススメです!!!

 
 
 
 
 
 

2014年1月 5日 (日)

『武者修業』

 
 

Img_5942  

 

かみさんの唄の同級生(二人ともお金を頂いて唄を唄っておる)の息子さんが、ヨーロッパで、ドラム(打楽器)の武者修行をしている。

しばらくパリに居て、ロンドンに移ったのだそうだ。

 

たまたま見つけた彼のプレイの映像。

 

「やってるんだなぁ・・・・。」と感慨深いものを感じた次第である。

 

『武者修行 Session』

 
 

何年か前に、別のかみさんの唄の同級生宅にて、亀渕友香さんを囲んでの新年会で、彼と酔っ払って、床に転がって『が〜が〜』寝ていたのを思い出した。
 
 
 
 

 
 
 

2014年1月 4日 (土)

『泡』

 
 

Img_6708

 

何かに付けて、よく『Champagne』を抜く。

 

若い頃から呑み慣れている方は、あまり冷えたものを好まないようであるが、私はキリッと冷えたのが好きだ。

 

ハッピーな時もBluesな時もとにかく、抜く。

同じ泡でも、ハイボールとは違う感覚である。

 

夜中に、余った『Champagne』を一人で呑んでいると、いろいろな事を思い出す。

これも、ハイボールでは、こうはならない。

 

魅力的なお酒である・・・。

 
 
 

『My Sweetness - Stuff』

 
 
 

無性に抜きたくなってきた・・・いかん、いかん、仕事前だっ!

 
 
 
 

2014年1月 3日 (金)

『謹賀新年』

 
 

Img_6689

 

明けましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

本日より通常営業致します。

お時間ございましたら、遊びにいらしてくださいませ。


 
 
 
写真は、元日の井の頭公園の弁天様。
 
参拝客がたくさんで、賑わっていた。

 
 
 

新年一発目は、気合いでこの曲だぁっ!!!

 
 

『Start Me Up - The Rolling Stones』

 
 
 

3月のライヴがとても楽しみである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »