無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

『義援金笹かまぼこ』

 

Img_6062

 

当方の御常連の歯科医の先生が、南三陸で被災された仲間の歯医者さんのところに陣中見舞いに行かれた際に、当方に送って下さった、南三陸産の笹かまぼこ。

もちもちでとても美味しいです。

わさび醤油で頂くと、ハイボールにばっちり合うアテです。

義援金にさせて頂きます。

御協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

 

2013年4月26日 (金)

『義援金 三十二発目』&『義援金モルト その15』

 

Img

 
 
『義援金 三十二発目』も前回同様、釜石の平野 仁さんのシュートボクシングの団体『グラッピングアカデミー』宛に、お送りしました。
 
皆様の熱いご協力、心から感謝致しております。

 

 『グラアカ・ボスの日記』

 

 
『義援金モルト その15』
 
 
Img_6057_2
 
Img_6059_2

 

これも強烈なコレクターズ・アイテムです。

本坊酒造のモルトウイスキー(マルスウイスキー)です。

漫画『レモンハート』のノベルティー・ウイスキーで、単行本についていた応募券で当選した方がもらえた物です。

シェリー樽熟成の骨太でしっかりした味わいです。

限定5杯、早い者勝ちです。

 

このウイスキーの代金も義援金に致します。

御協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

2013年4月18日 (木)

『祝・ポテトサラダ完成!!!』

 

Img_6055

 

というほど、大袈裟なものでもなく・・・。

通年でお出し出来るポテトサラダ作らんとなぁ・・・、とずうっと思っていて、たまたま本日、ヤル気が出たので作ってみた。

カクテルでも料理でも閃いたときは、ほとんど完成しているのである。

一発で出来た。

みんな大好きな味付け玉子も、もれなく付け合わせで一緒に。

カクテルにもブラウン・スピリッツにも合う、つまみ完成。

 

義援金メニューですので、何卒、御協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

2013年4月17日 (水)

被災地の写真 その18

 

Img_8201

Img_8202

Img_8204

Img_8205

Img_8206

Img_8207

Img_8208

 
『大槌町役場』

地震の後、緊急災害対策本部設置の為、集まっていた町長と課長職以上の職員数十人が津波に飲み込まれ、犠牲になった。

誠に残念である。

全国から役所の職員が集められ、日々の仕事をこなすも、復興は依然遅れている。

なお、写真の壊れてしまった町役場は、一部、保存に向け作業中とのことである。

 

岩手県上閉伊郡大槌町  2012/10/14 撮影

 
 

Bar Woody 吉祥寺 Facebookページ

 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月16日 (火)

被災地の写真 その17

Img_8193

Img_8197

Img_8198

Img_8200



岩手県上閉伊郡大槌町  2012/10/14 撮影





 

2013年4月10日 (水)

しがらみぱふぇ

 

Kc430026

 

今日は早起きして床屋さんに行き、店で仕込みをして、かみさんのお下がりの三段変速のママチャリで善福寺公園に。

お母さんたちがシートを敷いてお弁当タイム。

子供達は元気に遊び回っている。

いい光景だ。

 

西荻の商店街まで寄り道して戻ってくる。

西荻は個人店がたくさんあって、魅力的な街である。

 

チャリンコを駐輪場に入れてから、妙にパフェが食べたくなってきた。

それも昔の不二家レストランのコテコテのやつ。

 

しかし、今は昔、そんなものは吉祥寺の何処にも無く、「サンマルクカフェに行ってみようか?」とか、「東急の上のオリーブハウスに行こうか?」とか・・・。

ボロボロの皮ジャンに雪駄履き、モヒカンで髭でピアスのおっさんが、嬉しそうにパフェを食べている光景は、先ほどの子供達とは打って変わって、誠におぞましい光景であり、痛い視線に耐えながらパフェを食べ続ける根性もなく、コンビニでアイスでも買って帰ろうか・・・という結果に至る。

 
 

コンビニでアイスを見てもそれほど食べたいものは無く、スイーツコーナーを見ていたら、若いねーちゃん二人組がこちらに来て、あ〜でもない、こ〜でもないと、いつまで経ってもあっちに行ってくれないので、仕方なく買い置きの煙草を買い、店に戻り、昨日の残りのタンサンで角ハイを作り、味付け玉子を切ってパフェの代わりと相成った。

一口目の角ハイの、舌と上あごに来る『シュワっ!』という感じが堪らない。

二口目の喉の奥に来る『ジュワッ!』という感じもシビレる。

 
 

ぱふぇは何処へ行ってしまったのだろうか?

 
 
 

しがらみますな。

 
 
 
 
 
 

2013年4月 9日 (火)

『Laphroaig 10 years old 完売』

 

Img_6042

 

飲まれた方、皆さんが「じぇじぇじぇ〜っ!!!」と驚かれた(そんなことは無い。)、義援金モルト『Laphroaig 10 years old』が昨晩、完売致しました。

御協力頂きました御客様、本当にありがとうございました。

これからも引き続き、御協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 
 

Bar Woody 吉祥寺 Facebookページ 

 
 
 
 
 
 

2013年4月 8日 (月)

『コアントロー・ショコラ』

 

Kc2a0052

 

二年前にかみさんと長崎に旅行に行った時のこと。

『トルコライス』の有名なお店に行って、『トルコライス』を食べた時に、写真のグラスで水を出された。

『コアントロー・ショコラ』と日本語で印刷されている。

今はそういうお酒は日本には無いが、昔はあったんだな。
 
どんな味だったんだろ?
 
 
『Savoy』のカクテルブックに、『Creme Yvette』『Creme de Noyaux』というものも、ちょこちょこ出てくる。
 
『Creme de Noyaux』は、アマレットに似たお酒である・・・ということは、福西英三先生から以前お伺いしたことがある。
 
便利な世の中で、調べれば、すぐ画面に表示されるのであるが、想像してみるのは、またそれはそれで楽しいものである。
 
 
携帯電話のカメラで撮った写真を整理していて見つけた一枚である。

 
 
 
 

 

 

2013年4月 6日 (土)

被災地の写真 その16

 

大槌町立大槌中学校

(写真をクリックすると大きくなります。)
 

Img_3572

Img_3573

Img_3580

 
体育館の床がステージの高さまで、盛り上がっている。
 

Img_3583  

 
岩手県上閉伊郡大槌町  2012/10/14 撮影

 
 
 
 

2013年4月 5日 (金)

『Ichiro's Malt New Release』

 

Img_6041

 
『Ichiro's Malt』の肥土(あくと)さんから、お葉書を頂いた。

新商品のご案内である。

「特別なタルです。」と自筆のメッセージが記してある。

羽生蒸留所のモルトは数種類扱ったことはあるが、秩父蒸留所は未だなく、今回初めて購入した。

 

『CHIBIDARU』は、シェリー樽の四分の一の大きさの樽で熟成させたもののようだ。

小さな樽は熟成が早い・・・というのは、当方のニッカの樽で実証済み。

期待が高まる。

 

『PORT PIPE』は、ポートワインの空き樽で熟成させたもの。

 

飲んでみた処、両方とも、四年熟成と思えないくらい、美味しく熟成されている。

『PORT PIPE』は、ウイスキーの色がオレンジがかっていて、不思議な感じだ。

素晴らしい出来である。

 

肥土さん、ありがとうございました。



 

 

2013年4月 3日 (水)

しがらみぬ〜ん

 

或る昼下がり。

ヨド吉(ヨドバシカメラ吉祥寺店)に行った時のこと。

おじさんになったクラプトンのTシャツを着て行った。
('07年のアメリカツアー。眼鏡をかけて少し髭を生やしている。)

上りのエスカレーターに乗っていると、向かい側の下りのエスカレーターに乗った若いカップルが私のTシャツを見て、「ジョブスだぁっ!」と仰せになられた。

 

 
・・・・まぁ、似てないこともないか・・・・。

 

 
しがらみますな。

 
 
 
 
 
 
 
 



 

2013年4月 2日 (火)

『嗜好品』

 

Img_6032

 

でぃかぷりおさんが、『Jim Beam』のCMに出ているのを見て、仰け反ってしまった。

多分、アメリカでは絶対に放映されないものであると思うが衝撃的である。

アメリカのメディアが、彼に「Jim Beam のCMに出演されているのですね?」と訊いたら、何て答えるのであろうか?

「僕は役者という仕事を全うしただけで、普段はハードリカーは飲みません。
 高級スプマンテ(イタリアのシャンパン)とシチリアの赤ワインしか飲まないです。」という感じか?

 

『Jack Daniel's』のCMで『ドライ・カウンティ』という言葉が出てくるが、「禁酒郡」というやつで、「作ってはいますがこの地域では売れません・・・。隣の州まで行って買ってきて下さい。」という信じられないことを平気でやる、アメリカ人である。

「覚せい剤は、体に悪いから売るだけで、決して自分たちで使ってはいけない!」という暴力団のルールみたいである。

 

当方のお客様がジャックの工場に見学に行ったときの事。

工場見学が終わり、「さて試飲と工場限定品のお酒を買うぞぉっ!」と気合いを入れた処、売店でオレンジジュースを渡され、帽子やらバスタオルしか売っておらず、怒りに震えてしまった・・・、という冗談みたいな話を聞いたことがある。


 

ニューヨークでは、嗜好用のマリファナが認可された、とのこと。
(嗜好用では無いマリファナとはどんなものなのか?)

「マリファナ如きでいちいち切符を切っていたら、警察官も留置場も好い加減足りないぞぉぉぉっ!」ということなのか?

今まで逮捕された方は、され損である。

好きで一年中 Blues を店でかけてはいるが、首を捻ってしまう感じである。

 

ニューヨークのバーでラッキーストライクなどを吸っていたら(そういう場所は今は一般的には無さそうであるが・・・。)、大柄で濃紺のスーツを着た、髪を七三に分けて銀縁の眼鏡をかけた紳士に、「君もわからない人だなっ!煙草は身体に悪いと云ってるだろうっ!これからはマリファナにしなさいっ!マリファナにっ!」とカウンターをどんどん叩いて叱られてしまうのかもしれない。

 

好きなお酒をがぶがぶ飲めて、好きな煙草をぱぁぱぁ吸える日本に住んでいて、幸せである。

  

Bar Woody 吉祥寺 Facebookページ 



 
 
 
 

2013年4月 1日 (月)

『Belle Epoque 1996』

 

Img_6029

 

延び延びになっていた御常連の、五十歳のバースデー・シャンパン。

普段なかなか飲めないプレミアム・シャンパン『Belle Epoque』のそれもヴィンテージ『1996』。

当たり年かどうかは知らんが、口当たりの滑らかさ、泡の柔らかさ(抜けている訳では無い)、お上品な酸味・・・とても満足度の高いものであった。

いくらでも飲めそうな、飽きの来ない味わいは、さすがヴィンテージという感じである。

 
高価なので、なかなか飲める代物では無いが、機会があれば、また飲んでみたいものである。
 
 
ハッピーな五十代を過ごせそうである。
 
 
Bar Woody 吉祥寺 Facebookページ
 

 

 
 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »