無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月24日 (土)

義援金 十七発目

 

Sc000bcab6

 

義援金 十七発目振り込んでまいりました。

ご協力頂いた御客様に、心から感謝致しております。
 
もう少し続けて行きたいので、これからもご協力何卒宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 
 

111224_134801

 

3月の東日本大震災で、15000人以上の方が亡くなり、9月10月にかみさんの両親が相次いで亡くなり、いくら商売だと云っても、クリスマスツリーを出して、クリスマスソングを流す気持ちには絶対なれず、今年は極めて普通に営業することにした。
 
 
ということで、せめてもの、義援金『ビーフシチュー』を作った。
 
 

12月8日は、開戦記念日で、John Lennon の命日である。

たまたま札幌の実家に居て、朝刊で、『ジョンレノン ニューヨーク』 の封切りを見つけたので、19時40分のレイトショーをお袋と観に行ってきた。
 
 
小学校六年の時に、「Beatles」の「Please Mr. Postman」を聴いて、それから40年近く過ぎ、角川春樹さん、石橋凌さん、Gainaxの山賀さんはじめ重役陣、Eddy's Bar の土屋裕司氏、そしてジョンのレコードから学んだものは、反骨の精神だったような気がする。
 
 
今夜は、一晩中、ジョンの『Shaved Fish』をリピートで、流し続けようと思う。
 







 
 

2011年12月12日 (月)

義援金 十六発目

 

Sc0009a6e6_2

 

義援金 十六発目振り込んでまいりました。

ご協力頂いた御客様に、心から感謝致しております。

十二月も、もうすぐ半ば。

仮設住宅でお過ごしの方々、暖かくお過ごしなのでしょうか?

 
 

『なんちゃってボルシチ』

 

111212_174001_2

 
かみさんが、教え子から、御実家で作られたビーツ(赤かぶ)を頂いてきた。

「ビーツ?」
「赤かぶのことよ!」
「何に使うの?」
「ボルシチが有名よ。」
「ボルシチ・・・?」
「あら、北海道の人なのに、ボルシチ食べた事ないの?」

「ピロシキ」なら、今までたくさん食べてきたが、「ボルシチ」は知らん。

早速、吉祥寺のロシア料理屋さんに食べに行ってみた。

塩、胡椒で味付けした、シンプルで、強烈な赤色の野菜スープである・・・。

 

さて、Woody のボルシチである。

まずは、肉。

生ラムがあったので、購入。

何故ラムなのか?

北海道の人だからである。
 
 
次は野菜。 
 
本来はキャベツがたくさん入っているようであるが、冬なので、何となく根菜類が食べたい。
 
しかし、じゃがいもは、溶けてぐずぐずになりそうである。
 
そこで今が旬の、蓮根を購入。
 
玉ねぎ、人参も買う。
 
もう一息、何か欲しい。
 
豆だろ、豆。
 
ということで、赤いんげん豆(Kidney Beans ・・・そりゃ、Soul food ですから。)と、とうきび(とうもろこしを北海道では、「とうきび」と呼ぶ。)を購入。
 
 
早速作ってみたが、塩、胡椒だけでは、さすがに淋しいので、目に付いたお酒をドボドボ入れて、平取(びらとり)の「ニシパの恋人」というトマトジュースも入れてみた。
 
平取町は、北海道の日高にある町。
「ニシパの恋人」は、そこで作っているトマトジュースで、当方ではカクテルに使用している。
 
 
ちなみに「白い恋人」が最近話題になりましたな。
 
朝日新聞に、『面白い変人』だったら、問題にならんかったのに・・・。」という内容の川柳が載っていた・・・。
 

「なかなか、おいしいんでないの?」という味になったが、ボルシチとは似て非なるものになってしまった・・・。



義援金にしますので、バリバリお召し上がりくださいませ。
 
身体が暖まりますよ。
 


 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »