無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月24日 (月)

本日のちょびっとなアテ

 

Blue

 

ちょびっと、美味しいアテは、パンにバターとカマンベールチーズディップとブルーチーズ(スペイン産)を載せて、焼いたチーズトースト。

ブルーチーズの苦手な方には絶対無理な変態系のアテです。

 

BRORA 26years とどうぞ。

 
 
 

2010年5月15日 (土)

しがらみないと

 

その1

若くてかわいい女の子にならば、舟のことを『一匹』と云ってしまう、頭が良いのか悪いのかよくわからない、パイプ吸いのお客様は、実は、スキューバダイビングの指導者の資格も持っていらっしゃる。

 
以下、KIng とパイプ吸いのお客様の会話。

 
パイプ 「鮫は、お腹が空いていないと人間を襲わないんですよ。」

King   「君は、鮫と友だちなのか?」

パイプ 「はっ?」

King   「君は鮫と友だちなのか、って訊いているの!

      ずっとお腹一杯でも、人間を見たら、急にお腹が空いて、
      食っちまうかも、しれないじゃないか!

      謝っても、お金払っても、許してくれないんだよ。

      だららオレは、海ん中なんて、入らないよ。

      アブナいだろう・・・。」

パイプ 「・・・・。」

 

しがらみますな。



 
その2

鮫とお友だちになれない、パイプ吸いのお客様は、実は山登りなどのアウトドアも、大好きなのである。

 

パイプ 「熊も、お腹が空いていないと、人間を襲わないんですよ。」

King   「だから、君もわからない人だな!

      その時まで、お腹一杯でも、君の顔見たら、急にお腹が
      空いて、食っちまうかもしれないじゃないか!

      謝っても、百万円あげても、許してくれないんだよ!

      だから、オレは、山登りなんか、しないよ。

      アブナいじゃないか!」

パイプ 「・・・・。」

 
 
 
 

ネオンが大好きな夜の帝王は、誠意にもお金にも心を動かさない、鮫や熊はニガてな様である。


 

しがらみますな。




 

 
 

    

2010年5月 8日 (土)

オレにできる事

 

Photo

 
『鈴木 保(すずき たもつ)』という、ブルースハーモニカ吹きがいる。
(以下、たもっちゃんと記す。)

私のブルースの師匠、妹尾隆一郎氏の一番弟子である。
(ちなみに彼の兄弟分に『KOTEZ』というのがいる。)

まじめで、人柄も良く、こつこつ練習するナイスガイである。

 

さて、そんなたもっちゃんが企画参加しているイベント

『子どもから大人まで楽しめるコンサート
 これぞハーモニカ第2弾
 テンホールズハーモニカの魅力
 ライブハウスのつわもの達 大集合』

が、5月5日(水)に、セシオン杉並大ホールで行われた。

 

このコンサートの主旨がたもっちゃんの日記の中に記されている
ので、以下に一部抜粋して記す。

 

『オレにできる事 

 こどもがひどい目に遭う話 続出の昨今。

 自分的に手の打ちようがないワケだが、少なくとも自分の近くに
 いる子だけでも楽しくなってくれりゃ と思う。

 という事で地域貢献!

 我が生まれ育ちの地元・杉並のチビッコ達に向けて
 子供の日に演奏します。

 今回の舞台はセシオン杉並! 堂々ホールコンサートだ!
 子供の日の午後 子供連れでも見易い時間帯 
 杉並の地元の人には嬉しい 子育て支援券で入場OK

 演目はチビッコにもビンビン響くナンバーでイっちゃうよん
 子供相手だからって手抜きナシ。真剣に演ります。
 気分はほとんどノッポさん …というか いかりや長介 オイス!
 なんつたって杉並区教育委員会のお墨付きだ。ワッハッハ

 チビッコ、ヤング、パパにママ、じーちゃん、ばーちゃん
 全方位対応型の楽しいコンサートになるんじゃないかな。
 オレのほかにもハモニカ奏者がぞろぞろ出ちゃいます。

 これを見たアナタのお越しをお待ちしておりまーす
 GWの計画はこれでキマり〜 しくよろ手(チョキ)

 

たもっちゃんが、一生懸命やるのだから、応援に行かず、どうする?
ということで、早起きして仕込みをしてから、セシオン杉並に向かった。

 
 

写真は、トップバッターの『浅見安二郎とケロケロ隊』。

こども達の唄と振り付けに、心が洗われ、号泣する・・・。


 

そして、我らがたもっちゃんは、『花』(滝 廉太郎 作)と、映画『男はつらいよ』のテーマソングを演奏した。

「これぞ、音楽だぁっ!」という程の素晴らしい演奏で、またも号泣。

仕込みの続きがあるので、後ろ髪を引かれながら、店に戻る。

 

仕込みを済ませ、午後七時に、吉祥寺音楽祭スーパーステージに向かう。

当方のお客様もたくさん来て下さっている。

『Funk Orchestra T.P.O.』とカミさんの加入しているユニット『KICHIMAMA』を見る。

演奏の後、お客様が当方に御来店頂き、『音楽はこんなにも幸福な気持ちにさせてくれる。』とお褒めの言葉を頂く。

 

ありがたいものである。 

 
 
久しぶりに音楽三昧となった、子どもの日であった。

 



 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »