無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月22日 (水)

いい天気、酔いもそのまま〜。

 

Kc2a0037001 天気良し、気温暑し、風弱し、という今日、薫製を作らんで、いつ作るのかぁぁっ!、という訳で、早起きして、薫製作りました。

新境地を開拓するということで、ホタルイカ、ズッキーニ、筍(新物)、サーモンに挑戦致しました。

あとは、いつもの、卵、うずら卵、鴨、ベーコン、ソーセージ、椎茸、ホタテ、海老、銀杏、カマンベールチーズ(雪印)・・・くらいかな?
(多すぎて、もう覚えられんです。)

ハイボールとキメてくださいませ。

スモーキーなハイボールと、良く合いますよ。

体中、薫製臭くなっております。



 
 

2009年4月10日 (金)

旅の思い出 その四

 

パーティーが終わって、もう二ヶ月以上過ぎてしまった。

時が過ぎるのは、あっという間である・・・。

 
 

札幌駅で、一度解散し、それぞれ着替えて出直す。

 
 

会場は、札幌グランドホテルの『グランド・ホール』。

グランドホテルで一番大きいバンケット(宴会場)である。

グランドは、子供の頃から、バイキングでは有名であったし(札幌では・・・)、大人になってからも、フレンチやら、Bar にはお伺いしたが、宴会場は初めてである。

会場に入ると、レモンハートの伊藤さんが、お師匠さんの『FUJITA BAR』の藤田佳朗さんと開場するのを待っておられた。

伊藤さんは、仕事が終わって直ぐに札幌に来られた。

藤田さんのことは、以前から、伊藤さんを含めていろいろな方からお伺いしていたが、初めてお会いした。

ほがらかな優しそうな方である。

三々五々、集まってきた中に、Ne Plus Ultra の古田さんと、Bar BB の山田君もいらっしゃった。

やはり二人とも、仕事が終わって、札幌入りされた。

 

今回のパーティーは、特に責任も無く、スタッフでも無いので、一(いち)お客さんとして、今夜は楽しませてもらおう、と思ったのだが、これが大きな誤りであった・・・と、今、反省している。

カメラを持って入ったら、撮る事に夢中になってしまうと思い、クロークに預けてしまったので、写真を一枚も撮らなかった。

普段、しょうも無い写真ばかり撮って、こういう肝心な時に一枚も撮らないというのは、大馬鹿ものである。

 

東京から来た若い連中と山崎さんの記念写真の一枚でも撮っておけば良かったと、本当に心の底から後悔している。

もう遅い・・・。

 

パーティーは盛大で立派なものであった。

お客様も、400人は超えていた。

門下生たちが、カクテルブースで、カクテルを振舞い、お料理もとても美味しかった。

スペシャルゲストで、吉田 貢さん、上田和男さん、毛利隆雄さんが、横並びになってそれぞれマティーニを振る舞う、というコーナーもあった。

会場では、その他に、『Bar 5517』の稲田春夫さん、草間さん、HTB(北海道テレビ放送)の斉藤 龍さん、そして、ふるさんとはるちゃんにお会いした。

 

そして白のバーコートにスキンヘッド、大きい身体にピンバッジのビッシリ付いたマフラーをして、ニコニコしながらお客様に、接客されている御仁がいた。

小樽の『Cocktail Bar Donjuan』の山下健一郎さんである。
 
面識は無いが、御名前だけは存じ上げていて、エヴァンゲリオンの山賀さんが北海道に仕事に行かれる際、ご紹介差し上げたら、「美味しいものをたくさん出してくれた。」と、とても喜んで帰ってこられたことがあった。
 
翌日にえらいお世話になる事になるとは、この時は思っても無く、「『仁義なき戦い』の金子信雄さんをモノホンにした様な人だな・・・。」と思っていた。
 
手先がもの凄く器用な方の様で、ガラスに山崎さんのシルエットを刻み込んだ立派な器をステージでプレゼントされていた。
 
 
あっという間の2時間ではあったが、 素晴らしいパーティーであった。
 
 
 
パーティーが終わって、外に出ると、けっこうな雪である。
 
ボチボチ歩いて、『Bow Bar』に向かおうと思ったが、根性が無くなってタクシーに乗ってしまった。

 
 
『Bow Bar』に着くと、山崎さんのパーティーの帰りの方が数人、もうお越しになられていた。
 
奥のテーブル席に着いて、シガーを吸いながら、飲んでいると、また三々五々集まってきた。
 

何やらかんやら、午前0時半くらいまで居たのだろうか?
 
Photo 写真は、Martini の『エリキシール・キナ』。
 
私が頂いたもので、ファシスト時代のメタル・タックスが付いていた。
 
メリメリ濃かった。
 
私のパーティーの後に飲んだ物の記憶はこれしかない。
 
『キナ』の向こうには、『ジントニック』を飲んで、シガーを吸ってぶっ飛んでいる、大橋君が写っている。

 
全員揃って、少し話して、もう眠たさの限界点に来ていたので、お先に失礼した。
 
 
エレベーター・ホールまで、はるちゃんが送ってくれた。

いい子である・・・。
 

 

その五へ続く。
 
 
 
 
 
 

2009年4月 3日 (金)

4/1・Planet K・・・

 

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

超満員の中で、演奏できまして誠に嬉しく思っております。

御陰様で完全燃焼致しました。

 

雨の中、また新年度の始まりの日にご来場頂けた事に誠に感謝いたしております。

どうもありがとうございました。

 

吉祥寺 Bar Woody 田中雅博



 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »