無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

初コンペティション

 

080824_13250001

入賞はできませんでした。(わっはっは!)

 
 
裏方のスタッフの方々(バーテンダーのボランティア)のお力添えが無くては、絶対にできないコンペティション、本当にありがとうございました。
(皆さん、ほとんど寝ておられないと思います。)

 

一夜明けて、力が抜けきってしまっておりますが、とても清々しいもんですな。

 

ちびたシガーを銜えて、キーボードを叩いておりますが、出場させて頂いて本当に良かったと思っておりますし、またその機会を与えられたことに心から感謝致しております。

 

舞台に上がる前と後に、尊敬する大先輩、吉田 貢さんとゆっくりお話させて頂き、それがとても勇気づけられました。

 

敬愛するバーテンダー、相澤 治氏と青海 康浩氏も応援に来てくれました。
ほとんど、寝ないで来てくれた事、そして昨夜は仕事をされている事に心から感謝!!!

 
 
初めてで何もかもわからず、電話の上からですが、嫌がらずにたくさん御指導して頂きました、Le Verre の佐藤 謙一さん、Bar Adonis の鈴木 健司さんと大沢 智枝さんに心から感謝致します。

この御三方のお陰で、とても楽しく気持ち良くステージの上で、カクテルを作る事が出来ました。

味はともかく、きっちり5杯分、一発で注ぎ切れ、仕上げまで持っていけましたのは、この御三方のお力添えが無くてはあり得ませんでした。

本当にありがとうございました。

 
 

もしこのブログを見てくれている若いバーテンダーの方々がいらっしゃいましたら、是非、カクテル・コンペティションに一度は参加されて頂けたらと思います。

経験しなければ、絶対にわからない、感じられない、何か、とても大切な事を会得できる事と信じております。

相澤さんから、お伺いした話しですが、Ne Plus Ultra のオーナー、古田 浩二さんもコンペティションには、何度も出られているとのことです。

一度だけの参加で偉そうなことはいえませんが、最後は自分との戦いであると思います。

私は今回の出場で、たくさんの事を会得できました。
本当に良かったと思っております。

 

The Bar 草間 Ginza の、草間 常明さん(元帝国ホテルのバーテンダーで、HBAのカクテル・コンペティションのエキスパートでもある。)は、昨年、61歳にして、泡盛のカクテル・コンペティションに出場されたとのこと。

久しぶりにいい意味で緊張をされて、若いバーテンダーの新しい感性を見て、勉強することがあった、とお話されていました。

 
 

一緒に参加されたバーテンダーの皆様、本当にお疲れさまでございました。
たくさんの方から声をかけて頂きました。
嬉しく思っております。

一生懸命、舞台裏で、準備をされている風景を見て、私は本当に感動いたしました。

 
 

最後になりますが、雨の中、応援に来て下さいました、当方の御常連の皆様、本当にありがとうございました。

かみさんからは、内助の功をたくさん頂きました。
ありがとうございました。

そして、会場には来られませんでしたが、たくさん応援して頂いた、仲間のバーテンダーの皆様、御客様の皆様、本当にありがとうございました。

 
 

また、新しい日々が始まりますが、より一層気合いで頑張りますので、これからも   Bar Woody を宜しくお願い申し上げます。

 
 
 
 

 

2008年8月22日 (金)

Great Satchmo・・・

 

You Tube で見つけて、久しぶりに感動した。

 
 

What A Wonderful World

 

『Good morning, Vietnam』という映画の中で、この曲が挿入されている。

このヴィデオは、当時その映画のおかげで、この曲がリヴァイバルヒットした、そのプロモーションヴィデオ。

 
 

『ロビン・ウイリアムズ』の怪優ぶりを思い出した。

 

ベトナムの自然の美しさが目に焼き付く映画であった。
(当時の国交の関係で撮影はタイ。)

 

20年くらい前(映画の公開当時)、物凄い勢いで発展した『Cafe Bar』が衰退し始めた頃、お客さんの少ない Cafe Bar で、100円を入れて観る(聴く?)『Laser Juke』で、よく観た映像そのままである。

 
 

最前線に向かう兵士達を笑っているのか泣いているのわからないクシャクシャの顔で送り出すシーンは、一生忘れられない映画のワンシーンである。

 
 
 

気合いの写真ブログ
『あなろぐ@多磨全生園』編

じぃぼん’ず ふぉと

 

2008年8月20日 (水)

かみさんのライブ

 

え〜、内輪の話しで恐縮なのですが・・・。
 
うちのかみさんが久々にワンマンライブを行います。

 
 
10/5(日)に、場所は当方から歩いて3分程の『Planet K』というライブハウスです。

 
 
特筆事項は只一点、この日限定の『Bar Woody @ Planet K 店』を出店致します。
(要は、こちらのカウンターを御借りして、私がカクテルを御出し致します!)

 

ライブハウスにしては珍しく、とても綺麗なトイレがあります。
(これは、非常に大切な事である。)

 

当方でも前売り券扱っております。
(前売り券のみ、座席指定です。)

ということで、お時間のございます方、是非御来店の程、お待ち申しております。

 

かみさんのダイナマイト・メガトン・ヴォイスと私のスーパーカクテルが炸裂しますっ!!!
 

詳しくはこちらまで!!!

 

    
 

 

2008年8月19日 (火)

横浜市長杯・・・

Photo_4 インターナショナル・カクテルコンペティションのパンフレットがようやく届きました。

 
日時:2008年8月24日(日) 

会場:日石横浜ホール(みなとみらい) 

開場:12:30
開演:13:00
(パンフレットには誤りが記入されております。)
 
チケット:前売り券、当日券共に、¥3000-
 
先着400名様に、空くじ無しの抽選会があるとのことです。

 
私の出番は、クラシック部門の2グループ目です。

お時間ございます方、応援に来てやってくださいませ。

なお、近辺に食事のできる施設があまり無いとのこと、駅の近くで御済ませの上、ご来場頂きます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2008年8月16日 (土)

しがらみないと

 

残暑しがらみ申しあげます。

 

先日、某酒雑誌の取材があった。

担当者にお会いして、直ぐに「お客さん、選んでいらっしゃるのだそうですね、お伺いしてますよ!」と云われた・・・。(ToT)

できあがった原稿の確認のFAXが来た。

私が申し上げた事を何の脚色も無く、そのまま書いて頂いたのだが・・・。

「これじゃあ、『諸悪の根源・Bar Woody』だな・・・。」などと感じたりしたのだが、嘘は書いていないので、「まぁ、いぃっかぁ・・・。」ということにした。

 

多分、あまり BAR に通い慣れていないであろう初めて御来店された若い御客様から、「何か珍しいお酒を・・・。」とのご注文に、とても此処に書く事ができないくらい、コワい事を平気で云ってしまう、感じの悪いバーテンダーである。

また、これを他店のなりたてのバーテンダーの前でやってしまった。

まぁ、編集者の書く事も仕方の無いことである。

 
 
 
 

残暑しがらみますな・・・。

皆様、如何御過ごしですか?

私は、短くなったシガーを銜(くわ)えて、これを記しております。

 
 
 
 

2008年8月12日 (火)

オタクの底力

 

先日、お台場のイベント会場にて、エスカレーターの事故があった際に、或るテナントの売り子さんをされていた方(♀)が御来店された。

 

「わたし、グッズの入っている段ボール箱の整理をしていたんです。

 開場になってちょっとしたら、大型の空調のスイッチが入ったような音がしたんです。
 もう一度、同じ音がしたので、どうしたのかな? と思って、後ろを振り返ったら、人がエスカレーターの下で、山積みになっていたんです。

 びっくりして見ていたら、何人かの人が、下敷きになっている人を引きづり出していたんですけど、『オタクの底力』っていうんでしょうか、引きづり出された人が、すくっと起き上がると、エスカレーター以外で目的の買い物をする方向に走って行くんです。

 
 まるで、ゾンビみたいでした。

 血が出ていてもおかまい無しでした。

 怪我された方って、公表されている数の3倍くらい、いたんじゃないのかしら?

 
 で、壊れたエスカレーターなんですけど、ギヤが壊れちゃったみたいで、ハムスターのオモチャみたいに、制御が効かない状態で、何十人かの人たちは、必死に走って上まで、行っていました・・・。

 エスカレーターに乗っていた人たちって、比較的体格のいい方が多かったから、重量に耐えられなかったのかもしれませんね。」

 
 

笑っては、いけないのである。

 
 

 

 

2008年8月11日 (月)

Moscow Mule

Photo このカクテルも、お店によって、さまざまなスタイルがあるようだ。

横浜から引っ越して来られた御客様から、横浜の通われていたBARでは、仕込みのウォッカを使われていると、お伺いして、それ以来、もすこ用のウォッカを仕込んでいる。

それに、ジンジャーワインとライムとジンジャービア。

随分、当方でもロングランの人気のあるカクテルである。 

近々、ジンジャービアも仕込んでみようと計画中である。

 

 
 

気合いの写真ブログ
『あなろぐ@多磨全生園』編
 
『でじたる』は綺麗ですが、飽きました。
すみません、飽きっぽくて・・・。

じぃぼん’ず ふぉと

 

2008年8月10日 (日)

しがらみ・あ〜り〜・いん・ざ・も〜にんぐ

 

某月某日、朝5時・・・。

東京都心の某繁華街は、昼間の如く、人が溢れている。
おじさんとおばさんはほとんど居ず、若い奴らばかりだ。

奥に行けば行くほど、若い奴らが、湧いて出てくるかのようだ。

恐ろしい街である。

 

これから某酒場にて、某バーテンダーのお誕生日会。

少しずつ、仕事が終わったバーテンダーが集まってくる。

5時半頃、レモンハートの伊藤さんも到着。

二十人かそれ以上集まって、乾杯をして、葉巻を吸って、思い思いなスタイルで、数時間過ごす。

 

たくさん、シャンパンを頂いて、テキーラも呑んだ。
何故、こんなにたくさん呑んで、眠くならず、気持ちも悪くならないのか、不思議であった。

楽しいお酒は、いいものである。

伊藤さんも久々に燃えてお酒を呑み、若いやつらにプロレスの技をかけていた。

 

人の店だとこれだけ、ぐしゃぐしゃになってもいいものなのか?
(物を壊すとか、テーブルをひっくり返すとか、そういうこと
 ではない。)
 
だが、何故か、伊藤さんの眼鏡は、壊れていた。

私の店なら、全員出入り禁止だが、私も出入り禁止になりそうである。
 
昔、『アニマルハウス』『クワイア・ボーイズ』という映画があった。
「こんなパーティーがあったら、楽しいだろうな!」と思っていたが、まさか、数十年後に実現するとは、思わなかった。 

 

閉会の挨拶をして、外に出ると、久々に『太陽が黄色く』見えた。

 
 

何人かは、これから別の店に行くという。
私もその体力が欲しい。

伊藤さんと、コンビニで『ウコンの力』を呑んで、電車で帰途に付く。

 
 
 

今回の事で、ひとつだけ、心に決めた事がある。

バーテンダーの貸切りパーティーだけは、当方でわ、絶対にやめよう。』

 
 

 
しがらみますな。

 
 

 
 
『Eric Clapton』の『BACKLESS』というアルバムに、『Early in the Morning』というBluesが入っている。

私は、好きだ。

 

 

2008年8月 8日 (金)

今さらなんだっ!

 

と、叱られそうなのですが・・・。

 

『2008 横浜市長杯インターナショナルカクテルコンペティション』に、選手として出場させて頂くことになりました。

8/24(日)午後1時より、横浜は、みなとみらいの『日石横浜ホール』です。

 

気合いで頑張りますので、応援、何卒宜しくお願い申し上げます。

 
  

2008年8月 7日 (木)

しがらみ・い〜ぶにんぐ

 

『隣の芝は青く見える』ものなのである。

 

ピニャカラーダを隣の人が呑んでいると、呑みたくなるものである。 

続けて3杯作った・・・。

 

モジート(Mojito)を隣の人が呑んでいると、呑みたくなるものである。

5杯作った・・・。

 

フローズン・ピーチ・ダイキリは、隣で呑んでいても注文は無かった。

呑んでいる御客様を見ていて、私が呑みたくなった。

 

カクテル炸裂の夜であった。

久々に、ミキサーを回しまくり、シェーカーを振りまくった。

氷もたくさん、使った。

 

今日、早出して、氷をたくさん割った。

仕事前なのに、妙に疲れた。

 
 

しがらみますな。


 
  

気合いの写真ブログ
『でじたる@深夜の吉祥寺』編

じぃぼん’ず ふぉと

 


 
 
 
 
 

2008年8月 6日 (水)

しがらみ・もーにんぐ

 

今朝、『はなまるマーケット』を見ながら朝ご飯を食べていたら、
(以前、Ne Plus Ultra の古田さんに同じ様な話しをしたら、
 「私の寝る時間です。」と云われた事があった。)
『はるな 愛』さんが「朝、起きた時、枕にお父さんの匂いがした。」と話されていた。

「こんなに綺麗な人でも、おやぢ臭くなってしまうんだなぁ・・・。」と少し悲しくなった。

明日からは、出かける前に、かみさんに、首の後ろに『ファブリーズ』を目一杯かけてもらってから、出かけるようにしよう。

 

 

しがらみますな。

 
  

気合いの写真ブログ
『でじたる@深夜の吉祥寺』編

じぃぼん’ず ふぉと

 

2008年8月 5日 (火)

デメララ・シュガー

Photo  
お客様が、アメリカに出張に行かれた際のお土産に、『デメララ・シュガー』を頂いた。

当方のラム・ベースのラムがこのデメララ産の『レモンハート』である。

しばらく仕舞って置いたのであるが、和三盆のシロップを作っている時に思いだして、引っ張りだしてきて、デメララ・シュガーのシロップも作ってみた。

味は、和三盆のそれをもう少しあっさりした感じである。

『ダイキリ』をデメララ・シュガーで作ると、思いの外、奥深い味になる。

なかなか、良い。

 
 

全然関係無いが、スラッピング・ベース(昔で云うチョッパーベース)のパイオニア『Larry Graham』の曲に『My Radio Sure Sounds Goods To Me』という曲がある。

 
 

気合いの写真ブログ
『でじたる@深夜の吉祥寺』編

じぃぼん’ず ふぉと

 

 
 
 
 

 

2008年8月 4日 (月)

命日

 

8/2(土)は、George's Bar の佐伯譲二さんの一周忌。

お客様三人と、コレオスの大泉さんとお墓参りにお伺いする。

『葬儀場の裏のお墓』と聞いていたのだが、真裏のお墓では無く、ずうっと裏のお寺のお墓であった。
(『北海道のすぐそこ』というんじゃ、無いんだから・・・。)

 

炎日の中、佐伯さんの奥様に御足労頂き、お墓まで、案内して頂いた。

綺麗な立派なお寺の中の綺麗なお墓であった。

お花を供え、お線香に火を付け、お参りをさせて頂いた。

 

奥様をお宅まで、お送りして、その後は、供養ということで、お寿司屋さんへ。

献杯して、お刺身などつまみに、お酒を頂いた。

まぁ、よく呑んで、よく喋って、楽しい集いであった。
佐伯さんも、きっと喜んで下さったと思う。

しかし、たくさん汗をかいたせいか、ただ単に飲み過ぎたのか(日本酒をギンギン呑ってしまった。)、久々にぶっ壊れてしまう。

 

店に戻り、ふらふらになりながら、店を開け、仕事をする。

お酒の匂いを嗅いだだけで、えずきそうになる。

いい命日であった。

 

 

気合いの写真ブログ
『でじたる@深夜の吉祥寺』編

じぃぼん’ず ふぉと

 

 

2008年8月 2日 (土)

差し入れ

Photo知り合いのビデオエンジニアが、或るミュージシャンのツアーの最中に、くも膜下出血で倒れた。

地方の病院から、杏林大学付属病院に搬送され、落ち着いたようなので、かみさんとお見舞いにお伺いした。

 

不幸中の幸いというか、右目の視力低下以外の後遺症は、今の処、無いとの事。

指は動くし、あぐらも組めるし、耳も聞こえる。

「いま、ギターの練習をしないで、いつするのか?」ということで、翌日、私の愛機の弦を張り替え、差し入れに持って行った。(進呈した訳でわ無い。)

ギター好きの彼なので、喜んでピックを持って、弦を弾(はじ)いていた。

 

一刻も早く、右目の視力を回復して、復活して欲しいものである。

 
 

 

気合いの写真ブログ
『でじたる@深夜の吉祥寺』編

じぃぼん’ず ふぉと

 

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »