無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

クリスマス・プレゼント #2

Sc00012061昨日は、早起きして根岸の友だちのお墓参り。

弟さんもいらしていた。

「兄貴は、何故こんな事になったのでしょう?」

7年前に、自ずから逝ってしまったのである。

 

7月末にお参りに行った時にも偶然お会いした。
その時は挨拶だけ。

今度は奴の墓前で、二人きりである。
逃げられそうもない。

知っていることは其処で全て話した。
過去の事に、『たら』とか『れば』というのは嫌である。
だから事実だけ。

「今日はお話が出来て良かったです。」

葬儀の時もお寺さんでも何度かお会いしていたが、まともに話しをしたのは初めてである。

私も話しができて良かったが、魂を放出してしまった様な気がした。

 

『神渡し 墓前の二人 かく語りぬ』

 
 
 

浅草の『創吉』さんにお伺いしてグラスの修理をお願いする。

関場さんと井戸端会議をして、吉祥寺に戻る。

 
 

開店して間もなく、私より少しだけ年上の女性がおひとり、ご来店された。

何年か前に一度ご来店されていたそうである。

今年、やらずに後悔したことのお話をされた。
(やはり二人きりであった。)

「わたしには、何のコメントの仕様もありません・・・。」
「いいんです、お話を聞いていただければ・・・。」


 

11時前に、やはり私と同世代の写真家のお客様がご来店された。

「これ、遅くなりましたが、クリスマスプレゼントです。」

写真のCDである。

二人きりで深夜の『爆音あとらんた』。

 

魂が震えた。

 
 
 

今年のクリスマスは、頂いてばかりであった。

 
 
 
 
 

 

2007年12月26日 (水)

クリスマス・プレゼント

071226_130201 昨日、歯科医のセンセイから頂いた、クリスマス限定仕様の葉っぱをキメていたら(注・パイプたばこである)、お客様から携帯電話にメールを頂いた。


『メリークリスマス…今年の〆は…

 

今年も色々な事がありましたね。
忘れられない嫌な出来事、大切な人を亡くしてしまった喪失感など、個人的には余り良い一年ではなかった感が強いです。
そんな一年を振返り、来年こそは…と祈念する意味(みんなと飲みたいだけですが)でも、30日にWOODYで今年を締め括ろうと思っておりますので、よろしくお願いします。

TO 田中さん
という訳でお邪魔致しますので、どうぞ宜しく。
その前にも行くかもしれませんが。

TO 伊藤ちゃん
俺も行くぜぃ。』

 
 
 

『伊藤ちゃん』とはレモンハートの伊藤さんのこと。
 

とっても嬉しいクリスマスプレゼントになった。

 
 

2007年12月24日 (月)

しがらみクリスマス

071224_135001_2カミさんたちは、今夜はクリスマスソングのコーラス。

当方にてリハーサル中。

普段はただの酔っぱらいなのに、唄を唄い始めるとやはりプロの技が映えますな。

くれぐれも本番前に、気合いでガソリンを入れる(=お酒を呑む)事が無い様、祈るばかりである。

 
 

しがらみますな。 

 
 


 

2007年12月23日 (日)

Photo Session

071223_113001昨日は、写真家の『村林 眞叉夫』さんに写真を撮っていただいた。

白のタキシードに、当方御用達の三鷹のテーラーで仕立ててもらったベストとお揃いの蝶タイ。

「万が一」の時は撮っていただいた写真を使わさせて頂こうと思っている。

 

撮影前に村林さんの撮った写真を見せてもらいながらのお話がとても興味深く、お店を休んでも、ずうっと聴いていたかった。


 

写真は、一緒に撮って戴いた私の大事なギター。

そもそもは、出張の多かった会社員時代、どうしてもホテルでギターの練習をしたかったので、購入したもの。

元は黒かったのだが、札幌のギターショップの友人を拝み倒して、ナチュラルのラッカーに塗り替えてもらった。

引き易く持ち運びが便利で、音も良いので、非常に気に入っている。

 
 

昔、『JIM BEAM』の広告で、『BB KING』の愛器『Lucilleと『彼の手』の
アップの写真を見た事があり、村林さんにお願いして、真似した写真も撮っていただいた。

出来上がりが楽しみである。

 
 

 
 
 
 

2007年12月21日 (金)

しがらみないと

071221_121801いつも元気で楽しい某出版社の宴会部長。

お嬢さんが手術のできない難病になってしまった。

みんなで奇跡を祈った。
私も朝と晩、奇跡を祈った。

 

夏休み前に、看病に専念するからと、たくさんの方々から惜しまれて会社を退社された。
その会社はもちろん、他社からも『復帰するなら是非御一報下さい!』と、引く手数多(あまた)の退社であった。

昨晩、久しぶりに親友の宴会部長とスーツ姿でご来店頂いた。

「奇跡は起こりませんでした・・・。」
「・・・・。」

泣きそうになったが、歯を食いしばった。

 

親友の宴会部長が根回しと段取りをして、新宴会部長として招き入れたとのこと。
持つべきものは、友だちである。
(ちなみに親友の宴会部長は、局次長に昇進した。)

 

宴会部長がトイレに行っている間に、局次長が話してくれた。

ご飯が食べられなくなり、病院で点滴をして2時間後に、容態が急変してお亡くなりになられたのだそうだ。
「最後は、親に迷惑をかけないように、すぅっと逝ってしまいました。
 親孝行な子です・・・。」

 
 

新会社で挨拶回りをしていると「おぉっ、貴男が『お上品な加藤 鷹ですか!』と歓迎されたそうである。
注)『加藤 鷹さん』は、AV男優である。

「女性社員からも『きゃ〜、お上品な加藤 鷹よぉっ!!!』と云われました。
 女性も観ているんですね。」と宴会部長。


 
神楽坂の小料理屋さんで呑んでいると向こう側のお客様がこちらを見て、ひそひそ話していたのだそうだ。
 
しばらくして、おかみさんがこちらに来て訊いた。
「お客さん、俳優さんなの?」

 

何処に行っても人気者である。 

 

『分かち合う 楽しみ悲しみ 冬のBAR』

 
 

しがらみますな。

 
 
 

 
 

2007年12月20日 (木)

Moscow Mule

071220_171601今朝、朝食後に『しずちゃん』のTVドラマを観ていて、衝撃的に笑ってしまったシーンをふたつ・・・。

 

探偵さん風の男性がカフェ・バーっぽい処に入って、
「もすこみゅーるっ!
 『もすこ』多めでぇっ!」とオーダーする。

出て来たモスコミュールを呑んで・・・
「何だよっ!
 『みゅーる』多めじゃないかぁっ!!!」

何となく云わんとすることは、判る様な気がする・・・。

 
 

スナックで、女の子がお酒を呑み過ぎて、「うっ・・・。」と云いながら口を押さえてトイレへ駆け込む。

それを観ていたママさんが、いきなりアカペラで、
「呑んだお酒は戻せてもぉ〜
 終わった愛は戻せないぃ〜」
と歌うシーン。

あまりに鮮烈な歌詞で、思わず震えてしまった。

 
 

くれぐれも当方で、「『もすこ』多め・・・。」などとオーダーしない様に!

 
 

 
 

2007年12月18日 (火)

琥珀色の時間

Sc0013f659『小雪』さんのCMがとっても素敵なのだそうで・・・。
(私は未だ観ておりませんが・・・。)

 

当方で、数年ぶりにリバイバルヒットしているCD。

『サントリーのCM曲集』である。

私に近い世代ならば、聴いているうちに、いろいろな事がフラッシュバックするに違いない。

KINGも「あれ、かけてよ。」と云う。
(「あれ」とは、例の男声のスキャットのやつ。)

ここ二ヶ月くらいで、5、6人のお客様が購入されている。
(Amazonで、購入可能。)

 

以前、『酒とつまみ』の大竹さんが、石川さゆりさんを聴きながら、「『ウイスキーがお好きでしょ?』なんて、傍で云われちゃった日にゃあ、『は、はい、ぼ、ぼくウイスキー大好きですぅぅぅ。毎朝牛乳の代わりに飲んでますぅぅぅっ!』って云っちゃうよなぁ・・・。」とハイボールを呑みながら云っていたことがある。

 

先日も『Le Parrain』の本多さんが、Vintageの『Cardhu』を呑みながら、夢うつつになっていた。

 

Bar での『琥珀色の時間』は、素敵な男たちに、とっても素敵な時間である。

 
 

 

注)私は、ストレートである。

 


 

2007年12月17日 (月)

年末年始の営業について

071217_20500112/31、1/1休業致します。

12月中は、30日までは無休です。

1月は、2日より通常営業です。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 
 

2007年12月16日 (日)

栗パイ

071215_104801先日、角川さんがご来店された際、「これは美味いから食べてみろ!」と、二つお裾分けをしていただいた。

家に持って帰って、翌朝、食事の後にカミさんといただいたら、これが、本当に美味しかった。
 

紅茶との相性がとても良い。(これも角川さんのおススメ。)

 

丹波の篠山(ささやま)で作られているものである。

カミさんが、お菓子に感動して追加を買う、ということは、ほとんど無いのだが、余程美味しかったのか、これだけはさっそくネットで検索して注文していた。

パイ生地の中に、丹波の栗がみっしり入っていて、一個の重さがけっこう重たい。

 

ほんとに、ご馳走様でございました。

 
 
 

 
 

2007年12月15日 (土)

しがらみないと

071214_182001丸の内の某ホテルマン。

お休みの日、遊びに来て下さる。

 

当然だが、彼には、クリスマスも盆も正月も無い。

「Rusty Nail ください。」
「よおし、一生懸命頑張っている君には、ご褒美で、すーぱー・らすてぃねいるを作ろう!」

ということで、裏をごそごそやってお酒を引っ張り出してきた。

「どおだぁ?」
「うまいっす。」
「そうだろう、そうだろう。 
 それじゃあ、クリスマス価格で、5千円でいいよ。」
「ごせんえんっすかっ?」
「高いかな?」
「ちょっと・・・。」
「んん・・・そうかぁ。
 思った通りだ。」

 

しがらみますな。

 

2007年12月13日 (木)

甘いもの好き

071213_012101甘いものが好きである。

ケーキ屋さんになった方が良かったのではないかと思うほどである。

 

初めて銀座『Dolphy』にお伺いした時は、嬉しさのあまり仰け反りそうになった。

 

差し入れに甘いものをよくいただく。

昨日もクリスマスの包装をした焼き菓子詰め合わせをいただいた。
嬉しさ一杯である。

 
 

糖尿病に気を付けよう・・・。

 

 

 

2007年12月12日 (水)

ぱちんこ

071211_185101しばらく前に新聞に、『一円パチンコ』の記事が出ていた。

ギャンブルはほとんどしないのであるが、一発四円で、出ると十万、はまって数万というのは、なんだかだなぁ〜、とは思う。

 

今年の春先、早起きをして、午前中に渋谷の街を撮りに行った時の事。

「ぼちぼち、帰って仕込みを・・・。」と思って駅に向かって歩いていると、急にもよおして来てしまった。

「しまったぁぁっ!!!
 こんな時間じゃあ、コレオスもアドニスも誰も居なぁぁ〜いっ!!!」

ということで、トイレを借りにパチンコ屋さんに入った。

幸い事無きを得て、しかし、このまま帰るなどという、仁義に反したことは、男なら絶対してはいけないことであるからにして、「そんじゃまぁ、千円だけ・・・。」と久しぶりにスロットの前に座った。

千円分、コインを買って、すぐに『7−7』と来たので、目押しをしたら、当たってしまった。

「いやぁ、トイレ貸してもらって、お金までもらって申し訳無いなぁ・・・。」と
『ありいずみ』さんに寄って、カミさんにターボライターを買い、余った分で私の葉巻を買って帰って来た次第である。


 

一昨日、カミさんと昼食後、店に向かって歩いていたら、おねえちゃんが『一円パチンコ』の看板を持って駅前に立っていた。

「一円なら久しぶりにやるか!」ということで、早速パチンコ屋さんへ。
 

玉の買い方をおねえさんに教えてもらい、100円分買ってみると、随分沢山有る。
(100円で100発。)
 

400円目くらいで、大当たりがきた。
訳がわからずに当たりが終わると、ドル箱一杯になった。
 
何分もしないうちにもう一回大当たりがきた。
ドル箱もう一箱。
 
「もう一回くるかな?」と思っているうちに一箱飲まれ、時計を見ると一時間が過ぎていた。
 
ドル箱一箱両替して、差し引きプラス1000円。
 

「明日からは、まじめに仕事しよ!」と思った私であった。

 

 

 
 
 

2007年12月 9日 (日)

トリュフ・バター

071209_201201今日、お昼過ぎに、レモンハートの伊藤さんが遊びに来てくださった。

 

葉巻を吸いながら、「あ〜でもない、こ〜でもない。」と話していると電話が鳴った。

銀座EDDY'Sの土屋さんからである。

「下に居るから・・・。」ということで上がってきてくれた。
今日は、『吉祥寺スターパインズカフェ』にて、ライブ。
本番前に寄ってくださった。

わぁわぁ、しょうもないことを話して楽しいひとときであった。

 
 

写真は、伊藤さん謹製の『トリュフ・バター おんざぱん』。

シビれる程美味い。
ブランデーソーダ(略してブラッソー?)にぴったりである。

 

2007年12月 8日 (土)

姫りんご

Sc003c1722今月の『ROCKFISH』から戴いた絵葉書。
『姫りんご』である。

 
 

毎年、この時期に東北から私に近い世代の御夫婦が遊びにいらしてくださる。

世田谷の『蚤の市』にお越しの際に寄ってくださるのであるが、今年はそれが来週で、仕事のお休みが取れず、今週末なのだそうだ。

いつも仲が良さそうで、見ていて微笑ましい。

音楽の趣味がご主人と似ているようで、昨日もずうっと『SHAVED FISH』を流していたのだが、楽しそうに飲んでいってくださった。

 

お客様に支えられての『Bar Woody』である。

 

2007年12月 7日 (金)

ホームレス・・・

毎週金曜日は、義父のリハビリの付き添いで清瀬の病院まで。

天気の良い日は『Harley』と呼んでいるHONDAの原チャリで、気持ちよくでかける。

 

帰り道は、青梅街道が混むので、小金井街道を走る。

小金井カントリークラブの前の道がとても好きだ。
向かいは、かなり大きな小金井公園。

小金井公園の前になった途端に、いきなり『空気のにおい』が変わる。

この『空気のにおい』が好きなのだと思う。

 

071207_115201_3






 

『ホームレス 冬日を浴びて 毛玉取り』
『凍える手 アクセル回して レノンの忌』
『受話器持つ 老女の背中 冬の病院』      雅博

  
 


2007年12月 6日 (木)

しがらみないと

071205_233201楽しいことを考えていたら、King と歯科医のセンセイが、いらして下さった。

たまたま、三人とも同い歳。

何とはなしに価値観も分かち合えるし、議論をしても喧嘩にはならない。

こういう時間はとっても楽しいものである。

 

久しぶりに『しがらみないと』。

 

こういう時間を過ごせるから、Bartender を止められない。

 
 

しがらみますな。

 

(写真手前から時計まわりに、私、King、センセイ。
 根性焼きしそうで、コワい・・・。)

 
 
 

2007年12月 5日 (水)

時過ぎて・・・

 

つまらない時は

楽しいことを考えよう

明日は楽しくなるかもしれないから

 
 
 

Sc0017e1cd






 

12/8 は、John の命日である。

『SHAVED FISH』を聴こうとアナログ盤を探してみたが、見つからない。
実家に置きっぱなしなのであろう。
昨晩は、『ROCK'N'ROLL』を聴いた。

どうしても聴きたかったので、先程タワーレコードで買ってきた。

写真は、CDを仕舞うケース。
裏には、赤地の白ヌキで、歌詞が印刷されている。

アナログ盤ならともかく、CDの大きさでは、とても読めたものでわ無い。

 

泣ける・・・。

 
 

『時過ぎて ジョンの魂 忘れおり』   雅博

 

2007年12月 4日 (火)

ピンバッジ

071203_191401或る女性のお客様が、パリに旅行した際にわざわざ『CRAZY HORSE』に入場して入手したバッジである。(左側)

ご主人を無理矢理口説き落として行ってくださったとのこと。
(ご主人は、中に入るとずいぶんゴキゲンだったとのだそうだ。)

入場料は、私が思っていたのよりも遥かに高額である。
ちょっとしたフランス料理を食べられそうなくらい・・・。

ステージでのショーのあまりのクォリティーの高さに、驚いてしまったのだそうだ。

なおかつ、おねえさんたちは、スッポンポンなのだそうだ。
(照明の技術で、あまりいやらしく見えないようにしているらしい・・・。)

ちなみに、一人に付きシャンパンのハーフボトルが一本付いてくるのだそうだ。

 

そんなこんなで、持って来て下さったお土産に、私は狂喜乱舞したのは言うまでもない。

 

世界広しと云えども、『CRAZY HORSE』のピンバッジを2個も胸に付けているバーテンダーは、私しかおるまい。

 

ほ〜ほっほっ!!!!

 
 
 

泣ける・・・。 

2007年12月 1日 (土)

微妙な感情・・・

を表現する言葉。

私の場合は、『しがらみますな』。

 

友人で芸術家の1Kさんは『泣ける』。

 

一昨日、1Kさんの個展を見に国立まで行った際、古本屋さんで、200円の「New Orleans系」の中古CDを買ってきた。
 
それを持って、1Kさんの工房にお邪魔してジャケットを見せたら「これは泣ける」。
「内容が良くても悪くてもこれは泣けます。」とのこと。

 
「泣ける」のもう少し凄いヤツは「59」(号泣)なのだそうだ。

 

しがらみますな。 

 

 

そのあと、1Kさんに連れられて、初めて国分寺の「ほんやら堂」にお伺いした。

おじさんふたりでランチカレー。

 

泣けますな。

 

Sc00083c39

 

 

 

『泣ける』CDのジャケット

 


 


 

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »