無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

t's sooooooo hip!!!

Photo_181リジット・フレームに、スプリンガー・フォーク、それに、ピーナッツ・タンクで、キック付きのショベル・ヘッド。

これですよ、これ!!!

 
街で見かけた、おしゃれな Harley。

2006年7月30日 (日)

甲羅干し

Photo_180at 井の頭公園。

いい天気で、家族連れで、凄い人出。

平和で、何よりです。(ホントに。)

2006年7月29日 (土)

鱧の次は・・・

060727_092201鰻(うなぎ)である。

先日の丑の日は、札幌に居たので、かみさんが、改めて用意してくれた。

かみさんは、中国産の鰻を(国産より安い・・・。)、上手に油を抜いて、ふかふかに、仕上げる名人である。

店で、出したいくらいである。

ごちそうさまでした。

堪能しました。


2006年7月26日 (水)

七夕よりも楽しみな・・・

Photo_179鱧(はも)。

結婚して、まだ間もない頃、その頃は、未だあった、吉祥寺・近鉄の中に、京都・銀閣寺の茶会席料理屋さんの『三友居』で、かみさんと、鱧のフルコースをいただいたことがあった。

私にとっては、生まれて初めて頂いた鱧であったが、「もう、充分。」と云う位、堪能した。
(かみさんは、何度も食べた事があったようだ。)

 
近鉄が無くなってしまい、『三友居』で、鱧を頂く事は、京都の本店に行かなくては、かなわない事になってしまったが(三友居は、その後、吉祥寺・東急の地下で、お弁当とお惣菜、及び出前で、営業されている。)、鱧の季節になると、毎年、東急地下の催事場スペースで、鱧のお料理を販売されている。

「今年は、まだかな?」と、昨日、東急に、行ってみると、今日まで、ということで、もう始まっていた。

二代目が、愛想良く、店頭に、立って販売されていた。
(愛想良く・・・と、書くと、何故か心苦しい私である。)

早速、揚げ物と、たまごとじと、鱧ざくを購入、今朝、かみさんと、いっしょに、いただき、感動する。

 
と、いうことで、今日の夕食は、はも丼。

クリスマスに、ケンタは、頂かないが、鱧の季節には、どうしても、食べないと、気が、おさまらない。

食べ物に関しては、あまり、五月蝿い事は、云わないが、一年に一度、鱧だけは、別なのである。
(齢なのかしら・・・。)


2006年7月24日 (月)

母の…

母の…

古希のお祝い。

実家のギター

実家のギター

ギターは、私の友人のハンドメイド。

貝がたくさん、埋め込まれている。

ピックアップは、ダンカンの手巻き。

ヤマハの30年くらい前のギターアンプは、頂き物で、やはり友人の音楽プロデューサーから頂いた、スピーカーに交換したら、良い音が、爆音で、鳴る様に、なった。

ライブハウスでも、使えそうで、ある。

2006年7月23日 (日)

at Bessie Hall

at Bessie Hall

松竹谷 清とチョコレート・ダンディーズ、炸裂。


素晴らしい。


きよしさん、天才!!!

BAR BAHIA

BAR BAHIA

松竹谷 清(まつたけや・きよし)さんのお店。


きよしさんは、昔、日本で、一番、エルモア・ジェームズに、そっくりと言われた方。(唄とギター)


ブルースをたくさん、かけて頂いた。


阿佐ヶ谷か高円寺か下北沢に、居る様な気になってしまう。


BAR PROOFのビルのすぐ近くにある。

2006年7月22日 (土)

やっぱり…

やっぱり…

これだべ!

たんぽぽ

たんぽぽ

久しぶりに、見た様な気がした。


札幌に向かう、快速エアポートから。

2006年7月19日 (水)

勉強熱心

1_923



 
 
 
TALKING DRUM  「7/19・ジュラ21年」参照。

(注:この写真は、店を閉店後、他にお客様が、いらっしゃらなくなってから、撮られたものである。)
 
 
Masaya_1

 
なお、上の写真とこの写真は、同一人物である。

2006年7月14日 (金)

カゲロウ

060714_155101今日、父の居る病院の中で、でっかい黒い『アゲハチョウ』を生まれて初めて、目の前で、見た。

北海道では、黒いアゲハチョウをほとんど見たことが、なかったので、けっこう、驚いて興奮してしまった。

優雅に、フワフワ飛んだり、花に留まったりしていた。

おばあさんが、欲しそうにしていたが、かわいそうだからと、いっしょに、外に出してあげた。
「また、おいでね。」と、云っていた。

 
外の喫煙コーナーに行くと、壁に、ウスバカゲロウが、留まっていた。

これも、初めて見たが、羽がステンドグラスみたいに、綺麗だった。

 
 
子供の頃は、北海道には、カブト虫は、居なかった。(デパートで、買うものだった。くわがたは、たくさん、居たので、よく獲った。)

今は、異常気象その他の原因で、北海道にも、生息する。
ちなみに、ゴキブリも家屋には、居ないが、ビルや、デパートやホテルには、居るのだそうだ。

弟が、北海道のゴルフ場の大きな樹に、「うりゃああっ!」と、飛び蹴りをした処、カブト虫が、ボトボト落ちてきて、キャディさんといっしょに、ウハウハ云いながら、ひろったのだそうだ。
(みんな、それぞれの子供のお土産。蜂の巣が、落ちてこなくて、本当に良かったと思う。)

 
 
2年程前、店の階段で、3センチくらいの、カナブンを初めて見た時は、あまりの驚きに、思わず失禁しそうに、なった。

 
なんだか、ハッピーな気分の金曜日である。

2006年7月13日 (木)

『逃避行』

Photo_178という、アルバムを思う処があって、昨夜、家に帰ってから、久々に、引っぱり出して、角を呑みながら、聴いた。

30年前の録音であるにもかかわらず、私の中では、非常に新鮮に、聴こえた。

凄いアルバムである。

2006年7月11日 (火)

じゅら

Photo_177今年の春のウイスキー・マガジン・ライブ用に、瓶詰めされた、『Isle Of Jura』の21年・・・・なんだそうだ。

 

なんか、わからんが、買ってしまった・・・わはは・・・。(汗)

2006年7月10日 (月)

オレンジ・ブロッサム

Photo_176というカクテルを久しぶりに作った。

 
相変わらず、難しいカクテルだにぃぃ・・・。

 
 
まあまあの出来だったけど・・・。

2006年7月 9日 (日)

しっとり濡れた・・・

Photo_175大人の珈琲ゼリー。(at 武蔵野珈琲店)

 
どなたですか?

H なこと、考えた人は?

2006年7月 6日 (木)

明日、横浜で・・・

Photo_174亀渕友香さんが、ライブを行います。

うちのかみさんも、コーラスで、参加いたします。

お時間のある方、是非、見に行ってくださいまし。

2006年7月 5日 (水)

オレンジキュラソー

Photo_172Woody 開店のずうっと、前から、オレンジ・キュラソーは、「シャルル・バノー」というメーカーの物を使用していた。

無くなりそうに、なったので、追加オーダーをした処、「輸入元が、輸入を止めてしまいました。」とのこと。

いくつか、候補を酒屋さんに、挙げて頂いたが、結局、グラン・マニエに。

今日、届いて、数年ぶり(Vuntage 物は、当方に有る。)に、味見してみたが、当たり前ではあるが、やっぱり「グラン・マニエ」の味がした。

 

死ぬ程、つまらん・・・。

2006年7月 4日 (火)

軽井沢17年

Photo_171最近、発売されたメルシャンのシングル・モルト・ウイスキー。

我が朋友の樋浦竹彦君が、ブレンドしたもの。

封を切って、いきなり美味しい。

軽井沢蒸溜所のモルトの良さが、十分に表現されている、『響17年』にも、『竹鶴21年』にも、負けない、完成度の高い、ジャパニーズ・ウイスキーであると、思う。

2006年7月 1日 (土)

明日は、大事な友だちの・・・

Photo_170お墓参り。

毎年、7月になると、「あ〜、この季節が、きたんだなぁ・・・。」と、しみじみ思う。

友だちのお墓参りをして、亡くなったお客様の命日が来る。

 

毎年、暑い夏である。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »