無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

幻の46度

Photo_169『POIT DUHBU』
(ポッチ・ゴー、と読む。ゲール語。)

「黒い蒸溜器」という意味なのだそうだ。
(要は、密造用の蒸溜器の事らしい)

現在、流通されているものは、度数がもう少し、低くなっている。

スカイ島で、作られている Vatted Malt。
(今は、Vatted という言葉は、使ってはいけないのだそうだ。なかなか、むずかしいものである。)

蜂蜜の様な香りが、強い。
(どこかで、嗅いだことがあるが、思い出せず・・・。)

密造中の絵が、ラベルに、ある。

しかし、どう見ても、密造中に、御主人が、かみさんに、怒られている様にしか、見えない。

いつの時代でも、どこの国でも、かみさんは、コワイものである、ということが、よく判るお酒である。
(よく、わからんが・・・。)

2006年6月28日 (水)

母の居る…

母の居る…

病院の窓から、見える景色。


まるで、あっしの故郷の様だ。

2006年6月25日 (日)

Pall Mall

Photo_168当方が、開店して、半年も、経たない頃、ぶらりと御来店された、男性客。
 
お気に召して頂いた様で、良く来ていただいた。
 
その頃は、今程、御客様も居なく、Simon & Garfukel のライブなどを聴きながら、深夜に二人で、しんみりしたりしていた。
 
それから、彼は、吉祥寺から、離れても、2か月に、一回くらいは、電車を乗り継いで、遊びに来てくださる。

或る時、NY へ出張に行く、というので、Pall Mall を2カートン、買って来て欲しい、と、お願いしたことがあった。

出張から、帰ってきて、Pall Mall を持って来てくれた。

 
もう、七年くらいの付き合い。

何を話す、という訳でも無く、往復の電車の時間より、少し長い時間を当方で、過ごされて、また、帰途に付かれる。

 
昨日も、現在、お住まいの学芸大学から、電車を乗り継いで、遊びに来てくれた。
「こないだ、先輩が、NY に出張に行ったので、頼んで、買って来てもらいました。」と、Pall Mall をお土産に、持ってきてくださった。
 
 
本当にありがたいことである。

 
私の中では、彼は、未だに、三十代前半なのだが、来月、四十歳に、なるとのこと。

 
素敵なお客様と、一緒に、歳を重ねていけることが、本当に幸せである。

2006年6月23日 (金)

プレゼント

Photo_167「マスター、これ、貰ってもらえないかな?」
「?」

初老の男性客が、立派な皮のケースを差し出した。
パイプのケース、たぶん『メシャム』という「海泡石」とよばれる素材で、できたパイプのケースであろう事は、パイプ経験の浅い私にでも、推測はできた。

ケースを受け取り、恐る恐る開けてみると・・・。

「ふおぉぉぉっ!!!
 これは、凄いっ!!!
 かなり、高価なものじゃあ、ないのですか?」
「いやぁ、もう、パイプ止めて、何年も、経つんだけど、この間、マスター、パイプ吸ってるの、見てね・・・。
 わかる人に、貰ってもらえれば、それで、良いですよ!」

ものを知らない私が見ても、このパイプは、職人仕事の 、それもVintage ものの、グラスのカットと同じ位、熟練した職人さんの仕事であるのが、わかる。

後で、御来店いただいた御客様も、このパイプを見て、「胡弓博物館モノですね!」と、溜め息を漏らされていた。

 

丁重にお礼を申して、頂戴した。
「はい、もう、それで、おしまいっ!!!」

粋な方である。

 

その数分後、歯科医のセンセイが、御来店された。

丁度、カクテルを作っている最中だったので・・・、
「あと、3分後に、センセイは、物凄く、くやしがると、思います。」
「何か、イヤだな、その云い方・・・。」

3分後・・・。

「もぉ、買わないっていったのにぃぃっ!!!」
「買ったんじゃ、ないんだもんにぃぃっ!!!」

ほ〜っほっほっ!!!

予言成就。

 

2006年6月22日 (木)

梅雨は・・・

Photo_166相変わらず、苦手であるが、葉巻きは非常に、美味しく吸える季節である。

2006年6月21日 (水)

本日

Photo_165午後7時30分からの営業となります。

宜しくお願い申し上げます。

宮内さんのパーティーで・・・

御客様のリクエストで、宮内さんのお師匠さんの『George's Bar』の佐伯さんが、Gimlet を作ってくださいました。

美味しかったです。

Photo_162Photo_163Photo_164

2006年6月20日 (火)

無題

Photo_1611920_1

2006年6月19日 (月)

宮内 誠 氏を祝う会

Sn250585Sn250577Sn250578Sn250579Sn250581



 

 
 
 
 
 
 
 
6/18(日)at オリエントホテル 横濱 開洋亭

2006年6月17日 (土)

一目惚れ

060617_182301浅草の創吉さんで、『一目惚れ』で、買ってしまった、アンティークのグラス。

しかし、どうやって使おうか?

けっこう、デカイんだ、これが!!!
(8oz ぐらいある。)

とりあえず、昨日の残りの、ジンジャーエールを注いで、呑みながら、考えることに、しよう・・・・。

高かったんだ、実は・・・・。(涙)

2006年6月16日 (金)

Woody の『絵』

_画家の佐藤英行さんが、当方の絵を数枚、描いてくださいました。

少しづつ、ポストカードに、していきます。


2006年6月15日 (木)

しがらみ・ないと

Photo_159某出版社の宴会部長お二人(それぞれ、違う会社。)が、御来店。

月に一度の、各出版社が、集まっての会議の後は、いつも、一緒に、お呑みに、なられるようである。

このお二人は、プライベートでも、家族付き合いが、あるほどの仲良しである。

「お前、キャバクラに、行っても、奥さんに、似た子、指名するよね。」
「いやぁ〜、俺って、愛妻家だからさぁ・・・。」

愛妻家が、キャバクラに、行くかぁぁっ!!!

 

しがらみますな。

2006年6月14日 (水)

コインランドリー・ブルース

Photo_157Photo_158『食楽』という雑誌にて、当方を撮影してくださった、写真家・柳田隆司さんの写真展のタイトル。

ギャラリーに、入るなり、Robert Johnson が、聴こえてきた。

視点が、面白い。

「僕の写真のある空間には、音楽も、必要なのです。」とは、氏の話し。

写真も、音楽も、空間も、熱い。

Photo_155写真は、柳田御夫妻。

2006年6月13日 (火)

しがらみ・ないと

Roosterドアが、カチャと開いて、どこのぼんずが、入ってきたか?と思ったら・・・。

「おぉ〜っ!貴男様は、業界では、全国的に有名な、私と同い歳の、ブルース愛好家の方では、ありませんかぁぁっ!!!」

若いっ!!!

私より、10歳くらい若く見える。

そして・・・。

娘みたいな、年頃のお嬢さんも、ご一緒である。

「私の周りには、私を愛してくれている女性が、100人おりますが、99人は、差し置いて、この方をお連れしたのです。」
「ア〜、ソウデスカ、ソレワ、ソレワ・・・。」

ブルースマンは、物凄い嘘を平気で吐く(つく)が、この方のも、強烈である。

「そして、この娘(こ)は、5000円もする、エルモア(Elmore James)の解説書を買ったのです!」
「ほぉぉっ!!!それは、凄い。」
(ちなみに、私は、Elmore の、『Goodbye Baby』と『Sunny Land』という曲が、好きだ。)

 
なんか、知らんが、すごいカップルである。

 

しがらみますな。

 

(写真左が、エルモアのお嬢さん、右が、大嘘つきの犯罪者。)


 

2006年6月12日 (月)

サッカーの・・・

Bboyユニフォームを着て、歩いている、若ぇ奴等に、嫌悪感を感じ、大リーグのユニフォームを着ている B-Boy に好意を感じるのは、俺だけなので、あろうか?

2006年6月11日 (日)

『起き上がりこぶし』の・・・

Photo_149最新有効利用法。

 
 

サッカーのルール説明に、使用。

2006年6月 9日 (金)

えっちな、お店

Photo_148「田中さんのお店って、パイプを吸っていらっしゃるお客様が、居て(たまたま、お二人いらっしゃった。)、田中さんのおすすめする、お酒呑んで、えっちなお店ですね!」

或る、美人の女性文筆家の方に、唐突に、こう云われた。

「え、えっちぃですか?(汗)」
「だって、えっちじゃあ、ないですか!
 とっても、えっちですっ!!!」

 

喜んで、いいんだか、わるいんだか・・・。

2006年6月 8日 (木)

『歌姫』

Photo_147札幌の『Bar Proof』の宮越波瑠奈さんが、カクテル教室に、通っている時に、作ったカクテルの名前。

Vodka   20ml
Cassis   15ml
Parfait Amour  10ml
Black Sambuka  5ml
Lime    5ml

シェークして、カクテルグラスに、注ぎ、
Dry Vermouth を 5ml フロート。

 
作っている最中に、シェーカーの中身を味見してみると、
「おぉっ! これ、うまいっ!!!」

出来上がったものを、King も、一口飲んで、「うまいっ!!!」

 
Dry Vermouth をフロートする、という発想が、私には、全く無く、また、フロートできる(確かに浮く。)と、思った事も一度も無く、これをカクテル教室に通っている時に、作ったと、いう、彼女の才能も、凄い。

 

この娘(こ)、ちょっと、コワすぎる・・・。



 

2006年6月 6日 (火)

「43987」

060606_130801『夜桜銀次』さんという人の拳銃のシリアルナンバー。

「夜咲く花」という風に、読むのだそうだ。

私は、やくざでは、ないが、夜に華を咲かせてみたいものである。

昨日の朝日新聞の中の小説で、読んだハナシ。

(写真は、私のおじさんの形見のナイフ。おじさんは、893では、無い。)

2006年6月 4日 (日)

CORREOS Party!!!

Photo_145Photo_146ということで、大泉さんの、バーテンダー50周年記念パーティー。

昨日と今日(6/3、4)の、2Days。

さすがに、土曜日と云う事で、御同業の方は、少なかったが、たくさんの方達が、お祝いに、かけつけていた。
 
 
50年、同じ職業を続けると云う事は、大変なことである。
本当に、素晴らしい。
 
 
さて、パーティーの後は、久しぶりの渋谷、ということで、『Adonis』『AW』
『Bootleg』に、顔を出してきた。

皆さん、変わらず、お元気そうで、何よりである。
 
 
良い休日で、あった。

2006年6月 2日 (金)

超びっくりっ!!!

060602_184101或るギター好きのお客様から、教えていただいた、エレキ用のケーブル。
(George L's とか、いうのだそうだ。)

 
細いつ!!!

どの位、細いかというと、私の i-book の ACアダプターのケーブルと、同じ位、細い。

くるくる、巻いても全然、かさばらな〜いっ!!! 
 
 
しかぁ〜もっ!!!

音が、恐ろしいくらい、素直に、はっきり、かつ、大きい音がする。

 
これを使って、楽器を弾くと、弾いた通りの音がする。

上手な人は、自分の上手さに、シビレてしまい、下手な人は、楽器を弾くのを止めてしまいたくなるかも、しれない。

 

私は、後者である。(涙)

2006年6月 1日 (木)

たまに、無性に・・・

Bo_gumbos聴きたくなるアルバム。

元気いっぱい!!!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »